このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

交通部

更新日:2016年5月20日

交通部から平成28年4月25日(月曜)から5月1日(日曜)までの間、熊本地震発生に伴い広域緊急援助隊を派遣し、高速インターチェンジ対策、交通規制対策、交通整理対策及び交通遊動警戒対策等の活動を行いました。

高速インターチェンジ対策活動(九州自動車道 植木IC)

九州自動車道が、地震の影響で通行止めとなったことに伴い、一般車両を植木ICで流出させるほか、緊急物資等を搬送する車両に限って通行を許可するため、車両選別作業を実施しました。

4月29日午前9時00分、九州自動車道全面開通に伴う規制解除活動を実施しました。

交通規制対策活動

各所で家屋倒壊や路面崩壊が見られ、特に通行が困難な路線で通行止め等の交通規制を実施しました。

交通整理対策活動

信号機が滅灯した益城町内の交通量の多い寺迫交差点で手信号による交通整理を実施しました。

交通遊動警戒

被害の多かった地域や避難所周辺の路線において、犯罪抑止を兼ねた遊動警戒を実施しました。

益城町の地区を遊動警戒するオフロード白バイ1

益城町の地区を遊動警戒するオフロード白バイ1

甚大な被害があった益城町の地区を遊動警戒するオフロード白バイ

情報発信元

警視庁 広報課 情報発信基地
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る