このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症に気をつけよう

更新日:2017年7月13日

みんな元気?ふれあい交番のK太くんだよ~。
だいぶ夏らしくなって暑くなってきたね~。
これから、もっと暑い日が多くなると思うけど、外に遊びに行ったり、スポーツをしたりするときには体調を崩さないように気をつけてね。特に「熱中症ねっちゅうしょう」という症状しょうじょうには注意が必要だよ。

熱中症ねっちゅうしょうについて

熱中症とは

暑い環境かんきょうの中で起こるさまざまな障害しょうがいのことを言うんだよ。
人間は暑いとき、身体しんたいから汗を出すことで体内の熱を外に出して体温が上がりすぎるのを防ぐんだけど、体内での水分や塩分が足りなくなると、身体しんたいから水分がなくなる状態じょうたいになって体温の調節ちょうせつができなくなったり、運動する力がすごく低下したりするなどの障害しょうがいがおこるんだ。

症状しょうじょう

いろんな症状しょうじょうがあるんだけど、めまいや立ちくらみから始まって、頭痛ずつう吐き気はきけから意識いしきを失ってしまうなど、ひどいときは死んでしまう場合もあるんだよ。

熱中症ねっちゅうしょう予防よぼうするために

  • 気温が35℃を越えたら運動を中止しよう。
  • 水分を十分に取ろう。
  • 風通しのいい服装ふくそうで出掛けよう。
  • 帽子ぼうしをかぶろう。
  • 体調が悪いときは休もう。

熱中症ねっちゅうしょうにならないためのポイント

  • 1日3食バランスよく(朝食を抜かない)
  • 適度な運動を心がける(暑さになれる)
  • 十分な睡眠をとる

みんな、わかった?ぼくも、雨の日の事故をなくすため頑張るから、みんな応援してね。

情報発信元

警視庁 地域指導課 実務指導第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る