このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ポリスミュージアム(警察博物館)見学

更新日:2017年5月10日

ポリスミュージアム(警察博物館) リニューアルオープン

4月29日(土曜・祝日)

平成28年4月から改修工事のため閉館していたポリスミュージアム(警察博物館)が、平成29年4月29日(土曜・祝日)にリニューアルオープンしました。
体験型展示を大幅に増やし、子どもから大人まで幅広くお楽しみいただけます。

新しく生まれ変わったポリスミュージアム(警察博物館)に、ぜひお越しください。

開館日・時間等のご案内

開館日及び開館時間

火曜から日曜(祝日も含む) 午前9時30分から午後5時

休館日

  • 月曜(祝日にあたる場合はその翌日)
  • 年末年始(12月28日から1月4日)

入館料

無料

予約受付について

原則として電話予約等は必要ありませんが、曜日や日にちによっては大変混み合う可能性も考えられますので、団体や多人数で来館される場合(修学旅行や研修等)は、あらかじめポリスミュージアム(警察博物館)へご連絡いただきますようお願いいたします。

受付時間

火曜から日曜(年末年始を除く) 午前9時から午後5時

受付電話

電話:03-3581-4321(警視庁代表)

来館時の注意事項

  1. 当館では駐車場を設けておりません。自転車や車での来館はご遠慮ください。
    また、団体でバスをご利用の方は敷地内での乗り降りはできませんので、有料駐車場等をご利用の上、徒歩での来館をお願いいたします。
  2. 1階から3階は撮影可ですが、4階・5階(歴史的展示物等)での写真撮影はお断りしております。
  3. ロッカーなど荷物を預けるところはありません。
  4. 原則として館内での飲食はご遠慮いただいております(1階自動販売機前を除く)。

館内展示内容

6階 イベントホール

時期により各種イベントや企画展を行います。
イベントや企画展の開催については、警視庁ホームページでお知らせします。

5階 警察のあゆみ

明治から平成までの主な事件の紹介、警視庁草創期からの資料を通して、警視庁の創設から現在までの歴史を知ることができます。

4階 首都をまもる 警視庁の今とこれから

制服や装備品の展示のほか、各分野で活躍する警察官の姿を映像で紹介しており、警視庁の今を知ることができます。

3階 事件・事故を解決する力

交番や指紋採取の疑似体験ができ、現場の警察官により近い視点で体験することができます。

2階 人と街をともにまもる

街のどこに危険が潜んでいるかを理解できるジオラマシミュレーション、自転車の正しい乗り方を身につける自転車シミュレーター、110番疑似体験など体験型コンテンツにより、防犯に関することを楽しく学ぶことができます。

1階 ピーポくんホール

実物のパトカー、白バイを展示しており、乗車体験もできます。
また、日本警察初めてのヘリコプター「はるかぜ」も展示してあるほか、お子さまは制服試着コーナーで制服を着用して記念撮影もできます。

アクセス

所在地

〒104-0031
中央区京橋3丁目5番1号

最寄駅

東京メトロ銀座線 京橋駅(2番出口から徒歩約2分)
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口から徒歩約4分)
都営浅草線 宝町駅(A4出口から徒歩約5分)
JR有楽町駅(京橋口から徒歩約7分)
JR東京駅(八重洲南口から徒歩約10分)

情報発信元

警視庁 広報課 広報センター(警察博物館)
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ポリスミュージアム

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る