トップ / 情報セキュリティ広場 / 誹謗・中傷・個人情報の流布

誹謗・中傷・個人情報の流布



インターネットの普及により、容易に世界中の人とコミュニケーションを取り合い、情報交換できるようになりました。


しかし、インターネットでは相手の顔が見えず、情報発信者の匿名性が高いうえ、どこからでもアクセスできるというボーダレス性を兼ね備えています。


したがって、一端トラブルが発生すると、現実世界では考えられないような表現や内容を掲載したり、過激な書き込みをしがちになります。


また、いたずらや相手を困らせる目的で、氏名・住所・電話番号などの個人情報を掲示板に書き込む等して流布させ、迷惑をかける事案もあります。



相談事例

イラスト

被害防止策

イラスト

等の措置を講ずるなどして被害防止に努めましょう。



被害にあってしまったら・・・

等の措置を講じましょう。


また、一時的な感情によるいやがらせの場合も多いので、冷静になり、しばらく静観して様子を見てみるのもいいでしょう。




サイバー犯罪に係る電話相談窓口
ミヨミライ ハイテク
電話相談 03 - 3431- 8109
平日午前8時30分から午後5時15分まで

情報提供はこちらから

警視庁 サイバー犯罪対策課