このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

犯人が履いていた靴の特徴は?

更新日:2018年8月3日

現場に残された足跡から靴を特定

現場に残された犯人の足跡から、犯行時に履いていた靴は、韓国製で、スラセンジャーというブランドのものと特定されています。
さらに、現場に残された犯人の足跡を捜査した結果、真新しい靴の足跡ではないことが判明しています。
つまり、犯行直前に靴を準備したわけではなく、普段から履き慣れた靴を履いていたものと認められます。

靴の特徴

ブランド

スラセンジャー(韓国製)

種類

テニスシューズ、バスケットシューズの2種類

テニスシューズ 白地に灰色ライン、白地に紺色ライン
バスケットシューズ 白地に灰色ライン、白地に紺色ライン、紺地に白色ライン

サイズ

日本サイズ27.5センチメートル

販売エリア

韓国

製造時期

平成10年10月から平成12年11月までの間

その他

  • アッパー外側と靴底等に「Slazenger」とブランド名の記載あり
  • 靴紐の穴 テニスシューズは左右6個ずつ、バスケットシューズは左右8個ずつ
  • 日本国内で、同じサイズの靴は正規ルートでの販売はされていない
  • 並行輸入等については判明していない

テニスシューズタイプ

バスケットシューズタイプ

収納箱


靴販売時の収納箱を撮影

同じ靴を持っていた人を知りませんか?

犯人が履いていたサイズの靴は、韓国内で販売されていたことが判明しています。
捜査本部では

  • 同じサイズの靴を持っている
  • 知り合いが同じ靴を履いていた
  • 事件前、韓国旅行の際に同じ靴を買った。若しくは買った人を知っている
  • 事件前、同じ靴を並行輸入して販売した。若しくはその業者を知っている

などの、情報を求めています。

平成10年から平成12年までの写真アルバムを見てください

靴が売られ始めた平成10年から平成12年までのスナップ写真、ホームビデオ、卒業アルバム等を一度見てください。
あなたの知り合いが同じスラセンジャーの靴を履いているかもしれません。あなたの勇気ある情報提供をお待ちしています。

情報発信元

成城警察署
電話:03-3482-0110(署代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る