このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

交通公害低減システムの試験的運用について

更新日:2016年5月25日

自動車排出ガス測定局における大気汚染物質の濃度は年々減少傾向にありますが、いまだ濃度が高い箇所がみられ、更なる対策が必要とされています。
このような状況から、大気汚染濃度が比較的高い交差点の交通量を少しでも減少させて汚染状況の改善に寄与するために、交通公害低減システムを試験的に運用することとなりましたので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

システムの概要

交通公害低減システムは、大気汚染濃度が比較的高い交差点の排気ガスの濃度を低減させるため、対象交差点の手前で通行車両にう回を促す情報提供を行い、交通量を減少させるシステムです。

システムの概要

交通公害情報が提供される情報板

No. 交通公害情報提供地点 大気汚染対策の対象交差点 主なう回路線
1 第一京浜(上り) 南蒲田 北品川 環八通り、首都高(鈴ヶ森)
2 第一京浜(上り) 大森北 北品川 海岸通り(勝島)、首都高(鈴ヶ森)
3 第二京浜(上り) 矢口陸橋 松原橋 環八通り
4 玉川通り(上り) 瀬田 上馬 環八通り、首都高(用賀)
5 環七通り(内回り) 大原 上馬 甲州街道
6 中山道(上り) 志村三丁目 大和町 環八通り

提供する情報

  • 提供する情報は、交通渋滞情報(周辺の渋滞状況と所要時間)と交通公害情報(前方交差点の大気汚染の状況とう回を促す路線)です。
  • 対象交差点の排気ガスの濃度が高い時は、交通渋滞情報とともに交通公害情報が提供されますので、案内された路線等を利用し、対象交差点をう回するようご協力をお願いします。

提供する情報

情報発信元

警視庁 交通規制課 交通環境対策係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る