このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

Safety Riders!

更新日:2018年3月15日

事故防止のポイント

まず二輪車の特性を知ろう

二輪車の特性

  1. 四輪車の死角に入りやすい。
  2. バランスを取って走行する乗り物であり、バランスを崩すと転倒する。
  3. ライダーの身体が外部にさらされているので、交通事故の場合に体に受けるダメージが大きい。
  4. ブレーキは前輪と後輪を別々に操作する2系統2操作となっている。

(車種によっては、前・後輪同時に作動するものもある。)

二輪車は四輪ドライバーの目には、どのように映っているのだろうか。

  1. 二輪車は、自転車と同じように、簡単に停止できるものと思われがちである。
  2. 二輪車は、四輪ドライバーから、実際よりも遠くに見えたり、走行速度を遅く感じられたりする。
  3. 車体が小さいため、特に夜間は四輪車から見落とされやすい。

走行前の日常点検項目

走行前の日常点検

  • 燃料 キャップを開けてガソリンの確認
  • オイル エンジンオイルの量(適正値入っているか)と汚れ等
  • 車輪 空気圧、磨耗状態(スリップサインの確認)、亀裂等
  • チェーン ゆるみ、磨耗、注油
  • エンジン 異音、オイルや冷却水の漏れ等
  • ブレーキ 前・後輪ブレーキの遊び、ブレーキ液の量と汚れ、ブレーキパット等の残量、効き具合
  • クラッチ レバーの遊び、切れ具合
  • 灯火類 方向指示器、尾灯、停止灯、前照灯
  • バッテリー 液量、腐食、ターミナルボルトの緩み
  • バックミラー 調整されているか
  • ハンドル スムーズに操作できるか
  • 各部締め付 調整されているか

日常点検する時間がない!でも、最低これだけは点検

ぶたと燃料

  • 前・後輪ブレーキの遊び
  • ブレーキ液の量と汚れ
  • ブレーキパット等の残量
  • 効き具合
  • 空気圧
  • 磨耗状態(スリップサインの確認)
  • 亀裂等
  • 方向指示器
  • 尾灯
  • 停止灯
  • 前照灯
  • キャップを開けてガソリンの確認

ヘルメットを正しく被り、胸部プロテクターを着用しよう!!

平成29年のバイク乗車中死亡事故のうち、致命傷となった部位は、頭部が約5割で、胸・腹部が約4割でした。また、約4割でヘルメットが脱落していました。
最悪の事態をさけるため、ヘルメットはしっかりとあごひもを締め、胸部プロテクターを身につけましょう

基本の乗車姿勢

運転姿勢の7つのポイント

  1. 視線の状態 視線を先の方に向け視野を広く
  2. 肩の状態 肩の力を抜いてリラックス
  3. 肘の状態 腕の力を抜き、肘に余裕を持たせ、外側には曲げない
  4. 腰の位置 前過ぎたり後ろ過ぎたりしない、バックレスト装着車は腰を当てる
  5. 手の状態 グリップをしっかり握り、手首は自然な角度を持たせる
  6. 膝の位置 両膝が外側に開かないよう自然に曲げる
  7. 足の位置 ステップに足の裏全体を乗せ、つま先を前方に向ける

跨り式のバイクでは、膝でしっかりタンクを挟み(ニーグリップ)、足はつま先を外側に向けず、まっすぐ前かやや内側に向けましょう。

各種講習会に参加しましょう

オートバイ事故が多発しています

都内では、全死亡事故に対するバイク乗車中の死亡事故の割合は、全国平均に比べ高い割合を占めています(都内25.0パーセント、全国平均17.1パーセント)。また、原付・原付二種が56.1パーセント、通勤・通学途中が46.3パーセントと高い割合を占めています。小型バイクだから、慣れた道だからといって気を抜くことなく、速度を落とし、十分な安全確認をしてください。また、時間に追われての運転は大変危険です。時間と心にゆとりをもった運転を心がけてください。そして、万一に備え、「ちょっとそこまで」でもしっかりとヘルメットを被り、プロテクターの着用を!(数値は平成29年のもの)

普段のりこそ注意

四輪車から見たオートバイ

四輪車で交差点を右折するとき、対向の二輪車があっという間に近づいてきて驚いた経験はありませんか?

二輪車は車体が小さい分、実際より遠くにいるように見えませんか。

交差点に進入する時は、二輪車との距離をしっかり確認しましょう。
二輪車も「信号が青だから」、「直進優先だから」と主張しすぎず速度を抑えて交差点に進入しましょう。

情報発信元

警視庁 交通総務課 交通安全対策第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る