このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「自動運転」機能の車をご利用の皆様へ

更新日:2016年8月3日

現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません

事故

本年5月、アメリカでテスラモーターズ社製の自動車が、「オートパイロット」機能を使用しての走行中、側方から進入したトレーラーに突入し、運転者が死亡する事故が発生しました。

注意

現在実用化されている「自動運転」機能は、運転者が責任を持って安全運転を行うことを前提とした「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が責任を持って安全運転を行う完全な自動運転ではありません。

このため、運転者は機能の限界や注意点を正しく理解し、機能を過信せず、責任を持って安全運転を行う必要があります。
お手持ちの車について不明点がある場合や、車を購入される際には、ディーラー等に、車の運転支援技術の機能や注意点についてご確認ください。

情報発信元

警視庁 交通総務課 法令係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る