トップ / 交通安全 / 飲酒運転の罰則等

飲酒運転根絶

飲酒運転の罰則等



道路交通法「酒気帯び運転等の禁止」

道路交通法
酒気帯び運転等の禁止


飲酒運転の罰則等

飲酒運転は運転者にも周囲の人にも
厳しい罰則が設けられています!

運転者に対する処罰

イラスト

[罰則]

酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

[違反点数] 

違反種別 点数
酒酔い運転 35
酒気帯び運転
(呼気1リットル中のアルコール濃度)
0.25mg以上 25
0.25mg未満
(0.15mg以上)
13

運転者以外の周囲の責任についての処罰

イラスト

[車両提供者は運転者と同じ処罰に!]

運転者が酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

[酒類の提供・車両の同乗者]

運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金


自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律の新設

飲酒運転など悪質で危険な行為によって、人を死亡させたり怪我をさせたりする事故が跡を絶たず、厳罰化を求める被害者や遺族等の声を受けて新たな法律が制定されました。


→「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」が施行されました(平成26年5月20日〜)へ


→「交通安全情報 総合版」へ



二輪車にも危険運転致死傷罪を適用
(平成19年6月12日施行 刑法の一部改正)


知っていますか?

飲酒運転に係る車両等提供・酒類提供・同乗も
運転免許の行政処分(取消・停止)に!!

運転免許が取消処分になった事例

事例1
知人が酒を飲んでいることを知りながら、車の助手席に乗り込み、二次会の場所まで送るように依頼し、同乗した者が、同乗罪で2年間の運転免許取消し

〜 東京都葛飾区 〜


事例2
飲食店を経営する店主が、客が車で来店しているのを知りながら、店内において日本酒、ビール等を提供し、酒類提供罪として2年間の運転免許取消し

〜 東京都調布市 〜




【問合せ先】
警視庁 交通総務課 交通安全教育企画係
TEL 03-3581-4321(警視庁代表)