このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

防犯ボランティア団体の活動による効果

更新日:2017年9月28日

下の図は、東京都内の刑法犯認知件数と防犯ボランティア団体の構成員数の推移を表したものです。

刑法犯認知件数は、平成14年に30万件を超えましたが、平成15年以降、官民あげて様々な取組を進めてきた結果、年々減少し、今ではピーク時の平成14年の半数にまで減少しました。

こうした背景には、防犯ボランティアに参加する方が、平成15年から飛躍的に増え、平成19年からは高い数値で安定し、地域における防犯パトロールや防犯環境の改善などを、都内全域にわたり広く展開されてきたことがあります。

このように、東京の安全で安心なまちづくりにとって、防犯ボランティアの存在が欠かせないものになっています。


刑法犯認知件数とボランティア構成員数の推移

情報発信元

警視庁 生活安全総務課 生活安全対策第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る