このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

盛り場における外国人を狙った犯罪

更新日:2018年9月5日

外国人を狙った犯罪が盛り場で増えています。
事例をいくつかご紹介しますので、これらの犯罪に巻き込まれないように気をつけてください。

盛り場における「ぼったくり等」被害の現況

盛り場では、外国人の客引きや、女性からのナンパを装った客引き、SNS等を利用した出会い系まがいの客引き行為が横行しています。
客引きの中には、結託した店に連れて行き、アルコール度数の高い飲み物等を客に飲ませ、意識を混濁させて身に覚えのない高額な請求を迫ったり、クレジットカードで勝手に高額な決済をしたりする悪質な客引きもいます。
盛り場では、外国人を狙ったこのような事案が頻発し、被害が増えています。

  • 客引きについて行かないように気を付けましょう。
  • 貴重品は自分で守りましょう。

盛り場における薬物犯罪情勢

盛り場においては、薬物犯罪に巻き込まれるおそれがあります。薬物を買ったり、使ったりするのはやめましょう。
日本では、大麻やコカイン、覚醒剤等は法律で禁止されています。薬物の売人は、外国人旅行者等をターゲットにしています。
薬物は買わない、持たない、使わない。

大麻


ハシシ、マリファナ、ハッパなど

コカイン


C(シー)、コーク、クラックなど

情報発信元

警視庁組織犯罪対策第一課
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る