このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

東京2020大会警備共同企業体による暴力団排除宣言締結式の開催

更新日:2018年8月17日

開催目的

本年4月3日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京2020大会」という。)では、多くの民間警備員が必要となることから、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会警備共同企業体(以下、「大会警備JV」という。)」が発足しました。
東京2020大会で警備事業への暴力団等の介入阻止に向け、組織犯罪対策部と大会警備JVが、相互に連携して暴力団排除活動を推進することをうたう覚書の締結を行うとともに、大会警備JVが一致団結して暴力団排除宣言を行い、暴力団等との対決姿勢を内外に示しました。

開催日

平成30年7月11日(水曜)

開催状況

「暴力団排除対策に関する覚書」の締結

東京2020組織委員会等と締結した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会暴力団排除共同宣言」等の趣旨に則り、警察と大会警備JVの相互の連携強化をうたうもの。

組織犯罪対策部長挨拶の様子
組織犯罪対策部長挨拶

暴力団排除宣言

暴力団排除活動の基本理念である「暴力団追放3ない運動プラス1」の実践、不当要求の拒否、関係機関との連携、大会警備JVの協力体制の確立等を行い、暴力団排除活動を推進していくことを宣言するもの。

締結式には、大会警備JVから共同代表及び理事会社計14社の代表取締役等、当庁から組織犯罪対策部長及び組織犯罪対策第三課長、暴力団追放運動推進都民センター代表理事が出席しました。
大会警備JV共同代表と、当庁組織犯罪対策部長が「暴力団排除対策に関する覚書」に署名を行うとともに、暴力団等との対決姿勢を内外に示すため、出席者全員で暴力団排除宣言を行いました。

情報発信元

警視庁 組織犯罪対策第三課 暴力団排除第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る