このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

コンピュータ・ウイルスに対する自己防衛

更新日:2016年9月29日

PERSONAL COMPUTER GUARD

最近、ネットワーク経由のコンピュータ・ウイルス被害が増加しています。このようなコンピュータ・ウイルスに感染しないためにも、日頃から自己防衛の心がけが大切です。

聞きたい音楽や見たい映画が簡単に入手できるという便利さから「ファイル共有ソフト」を利用している方もいると思いますが、この種のソフトを利用しているとパソコン内の情報を勝手に公開してしまうコンピュータ・ウイルスに感染する危険性があります。また、この種のソフトの利用は、著作権に関しても問題を内包しており、知らないうちに自らが他人の著作権を侵害してしまう場合もあります。

パソコン内にある個人情報や重要なデータが外部に出てしまってからでは遅すぎます。「ファイル共有ソフト」の使用は控えて下さい。

相談事例

  • 自分の知らないメールアドレスから、件名が空欄で添付ファイル付きのメールが送られて来た。
  • インターネットでファイルをダウンロードしたところ、ウイルスに感染してしまった。

被害防止策

コンピュータ・ウイルスに対する自己防衛として、以下の対策をしておきましょう。

  • インターネット上からファイルをダウンロードした場合は、不用意に実行せず、ウイルス対策ソフトでチェックしてから開くようにする。
    また、CD-ROM、USBメモリ、SDカード、外付けハードディスク、メールの添付ファイルを開いたりする場合も同様です。
  • メールソフトによっては、受信したメールをプレビューしただけでもコンピュータ・ウイルスに感染する場合があるので、プレビュー機能の設定を解除する。
  • 新種のコンピュータ・ウイルスが毎日次々と発生するので、ウイルス対策ソフトは最新のパターンファイルに更新しておく。
  • メールアドレスを詐称してメールを送信することは簡単にできるので、安易に信用しないこと。
  • 万一のコンピュータ・ウイルス感染被害に備え、データのバックアップを定期的に行う。
  • オペレーションシステムや、ブラウザなどのソフトウェアのセキュリティホール(弱点)をターゲットとして侵入するコンピュータ・ウイルスが数多くあります。セキュリティ問題の修正プログラムを適用し、常に最新の状態にアップデートしておきましょう。
  • 必要でなければ、ブラウザのスクリプト機能の設定を解除する。

サイバー犯罪に係る電話相談窓口

電話相談 電話:03-3431-8109

平日午前8時30分から午後5時15分まで

情報発信元

警視庁 サイバーセキュリティ対策本部 対策担当
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る