このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

児童を守るために!

更新日:2016年3月22日

児童が被害にあわないために次のことに注意しましょう。

少年少女のみなさんへ

  • 18歳未満の児童は、異性紹介サイト(いわゆる「出会い系サイト」)を利用しない。
  • 利用した結果、凶悪な犯罪や児童買春、その他の犯罪に巻き込まれるケースがあり、非常に危険です。
  • 不正な書き込み行為は、遊び、好奇心、いたずらでも犯罪となり、罰則の対象となります。
  • 深夜に繁華街などへ行って遊んでいると、凶悪犯罪や性犯罪に巻き込まれることがあるので非常に危険です。
  • ナンパなど街角で声をかけられてついて行くと、だまされて弄ばれたりして、大切な身体を傷つけることがあるので危険です。

保護者の方へ

  • 子どもの非行への兆しを見落とさないようにし、社会のルールを教える。(持ち物、服装、言葉遣い、態度、携帯電話の使用料金、帰宅時間等から)
  • 子どもに関心を持ち、不審なサイトやメールにアクセスしたり、返信させないようにする。
  • 子どもの利用するパソコン・携帯電話にフィルタリング機能を設定する。
    フィルタリングソフトをインストール、またはプロバイダの提供するフィルタリングサービスを利用する。
    携帯電話会社によるフィルタリングサービスを利用する。
  • 自分の身体を大切にする必要性を子どもと話し合う。
  • 「子どもが深夜に出歩かない」、「門限を決める」等、家庭の中でルールを決める。

学校・地域の方々へ

  • 子どもに異性紹介サイトの危険性を教え、学校ではパソコンにフィルタリング機能を設定する。
  • 不審者などの見知らぬ人から声をかけられた時の対応を教える。

情報発信元

警視庁 少年育成課 少年対策係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る