このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

子ども110番の家

更新日:2016年7月7日

「子ども110番の家」活動は、自治体やPTA等が中心となり地域ボランティアによって、活発に行われています。
「子ども110番の家」は、子ども達が危険に遭遇したり、困りごとがあるとき安心して立ち寄れる民間協力の拠点として、各種被害防止の面からも有効であることから、より多くの方に参加していただき、多くの立場から子ども達の安全を見守っていただきたいと思います。

「子ども110番の家」マークについて

「子ども110番の家」の目印として、自治体等の設置主体が独自のマークを作成しています。東京都内においても自治体のマスコット等の地域色のあるマークや警視庁のシンボルマーク「ピーポくん」のデザインを使用しているマークがあります。
「子ども110番の家」活動に協力していただける際には、子ども達が迷わないよう、その地域で定着しているマークを使用することが望ましいといえます。

「警視庁こども110番の家」マークについて

警視庁では、子ども110番の家活動を支援するために「警視庁こども110番の家マーク」を作成しています。
地域での統一性や地域の設置主体・活動状況を勘案し、自治体や企業、個人等に配付しています。

ご協力のお願い

都内において、「子ども110番の家」活動に協力を希望される方は、自治体、最寄りの警察署又は下記へご相談のいただき、自分の地域がどのようなマークを使用し活動しているのかをご確認の上、ご協力をお願いいたします。
なお、「警視庁こども110番の家マーク」は、東京都内の活動を支援するものです。東京都以外で活動される方は、活動地域の自治体か警察署にお尋ねください。

情報発信元

警視庁 生活安全総務課 生活安全対策第三係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る