このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

有効期限を過ぎてしまった方の手続(失効手続)

更新日:2017年3月14日

失効後6か月以内の方、やむを得ない理由で手続ができなかった方

  • 失効後6か月以内の方
  • やむを得ない理由で失効後6か月以内に手続ができなかった方で、その事情が止んで1か月以内かつ失効後3年以内の方
  • (注記)やむを得ない事情が平成13年6月19日以前に生じた場合は、失効後3年を過ぎてもその事情が止んで1か月以内であれば申請できます。

    手続場所

受付時間

平日の午前8時30分から午後2時00分まで
(高齢者講習を終了された方は平日の午前8時30分から午後4時00分まで)
(注記)土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)はお休みです

手数料

受験手数料(例:普通免許3,900円)と講習手数料(優良500円、一般800円、違反1,350円、初回1,350円)の合計額
(注記)受講していただく講習は、更新連絡はがきの講習区分と異なりますので、受付窓口でご確認ください。

必要書類

1.本籍(国籍)記載の住民票
マイナンバー(個人番号)が記載されていない住民票を提出となります。コピーは不可。
(注記)マイナンバー(個人番号)が記載された住民票を持参された場合、サインペン等でマイナンバー(個人番号)記載部分をマスキングしていただきます。

外国に生活の本拠があるなど住民票がない方

  • 一時帰国証明書(都内在住の親族等の住民票裏面に記載したもの、都内に所在する勤務先が発行したもの)

(注記)一時帰国証明書をご用意できない方は事前にお問合せください。

住民基本台帳法の適用を受けない方

  • 旅券等(提示のみ)
  • (注記)旅券等とは、旅券、外務省の発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類です。
  • 免許申請上の住所に関し、居住地に滞在していることを証明する書類(寄宿先の世帯主、ホテルの支配人の証明書等(提出)

2.失効した免許証
3.写真1枚
縦3センチメートル×横2.4センチメートル、正面、上三分身、無帽、無背景、撮影後6か月以内のもの
4.高齢者講習終了証明書
70歳以上の方
5.やむを得ない事情を証明する書類
やむを得ない事情があった方。パスポートや入院証明書(診断書)等
(注記)パスポートは、スタンプ(出入国記録)が押印されているものが必要です。出入国の際、自動化ゲートを利用した場合などはスタンプが押印されないので、法務省から出入(帰)国記録を取得してください。

免許年月日

失効手続は免許試験の一部免除を受けての新規受験であるため、新たに免許を受けた日が免許(取得)年月日となります。

試験の一部免除

失効手続での免許試験は適性試験のみで、学科試験と技能試験が免除されます。ただし、平成13年6月19日以前にやむを得ない理由が生じ3年を超えた場合は技能試験のみ免除となります。(初心運転者期間中の違反により再試験に該当し受験しなかったり、受験しても不合格となった方が失効した場合は試験の免除はありません。)

失効手続時の講習

更新と同様に運転者区分に応じた講習を受けることが義務付けられています。70歳以上の方の講習は、高齢者講習に限られます。
本来の更新時に講習区分が優良運転者講習(30分)であった方(失効後6か月以内)も、やむを得ない理由で更新を受けられなかった場合に該当しなければ一般運転者講習(1時間)となります。

(注記1)失効すると更新連絡はがきに記載してある講習区分と異なる講習になる場合がありますので、ご注意ください。
(注記2)一時帰国中に失効手続をされる方は、事前に各試験場にお問合せください。
(注記3)本手続をする以前に一時帰国しており、そのときこの手続を行わなかった場合は、この「やむを得ず失効」が認められない場合があります。

やむを得ない事情がなく失効後6か月を超え1年以内の方で、普通免許、準中型免許、中型免許又は大型免許を持っていた方

持っていた免許の種類に応じて、普通仮免許、準中型仮免許、中型仮免許又は大型仮免許を取得できます。

手続場所

受付時間

平日の午前8時30分から午後4時00分まで
(注記)土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)はお休みです

手数料

2,650円

必要書類

1.本籍(国籍)記載の住民票
マイナンバー(個人番号)が記載されていない住民票を提出となります。コピーは不可。
(注記)マイナンバー(個人番号)が記載された住民票を持参された場合、サインペン等でマイナンバー(個人番号)記載部分をマスキングしていただきます。

外国に生活の本拠があるなど住民票がない方

  • 一時帰国証明書(都内在住の親族等の住民票裏面に記載したもの、都内に所在する勤務先が発行したもの)

(注記)一時帰国証明書をご用意できない方は事前にお問合せください。

住民基本台帳法の適用を受けない方

  • 旅券等(提示のみ)
  • 免許申請上の住所に関し、居住地に滞在していることを証明する書類(寄宿先の世帯主、ホテルの支配人の証明書等(提出)

(注記)旅券等とは、旅券、外務省の発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類です。
2.失効した免許証
3.写真2枚
縦3センチメートル×横2.4センチメートル、正面、上三分身、無帽、無背景、撮影後6か月以内

問合せ先

警視庁 府中運転免許試験場 免許第二係

電話:042-362-3591(代表)

警視庁 鮫洲運転免許試験場 免許第二係

電話:03-3474-1374(代表)

警視庁 江東運転免許試験場 免許第一係

電話:03-3699-1151(代表)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 運転免許本部 免許管理第一係
電話:03-6717-3137(代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る