このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

臨時認知機能検査と臨時高齢者講習(75歳以上の方)

更新日:2017年3月12日

臨時認知機能検査と臨時高齢者講習

運転免許証をお持ちの75歳以上の方が下記基準行為を行うと、臨時認知機能検査を受けることになり、その結果認知機能の低下が見られた場合には、さらに臨時適性検査(専門医の診断)又は医師の診断書の提出や、臨時高齢者講習を受けることになります。

基準行為とは?

政令で定める18種類の違反行為

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 通行区分違反
  4. 横断等禁止違反
  5. 進路変更禁止違反
  6. しゃ断踏切立入り等
  7. 交差点右左折方法違反
  8. 指定通行区分違反
  9. 環状交差点左折等方法違反
  10. 優先道路通行車妨害等
  11. 交差点優先車妨害
  12. 環状交差点通行車妨害等
  13. 横断歩道等における横断歩行者等妨害
  14. 横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害
  15. 徐行場所違反
  16. 指定場所一時不停止等
  17. 合図不履行
  18. 安全運転義務違反

臨時認知機能検査と臨時高齢者講習の流れチャート図

1 臨時認知機能検査の通知を受けた場合

通知を受けた方は、指定された日時、場所(鮫洲試験場、府中試験場)で、「臨時認知機能検査」を受検して下さい(更新時の認知機能検査と同じ検査です。)。
なお、海外旅行をしていること、災害を受けていること、病気にかかり、又は負傷していること等のやむを得ない理由がなく、通知書を受け取ってから1か月以内に受検しなかった場合には、運転免許の停止処分となります。

臨時認知機能検査

30分 650円

実施場所

鮫洲試験場、府中試験場

携行品

通知書、手数料、筆記用具、眼鏡等(必要な方)

2 検査結果

検査結果が前回と変わりのない方

以後の手続きはありません。免許はそのまま継続できます。
(例1)前回「記憶力・判断力に心配ありません」 → 今回「記憶力・判断力に心配ありません」
(例2)前回「記憶力・判断力が少し低くなっています」 → 今回「記憶力・判断力が少し低くなっています」

検査結果が前回より悪くなっている方

運転免許本部より臨時高齢者講習受講通知が郵送されるので、その通知に従って手続きしてください。
(例)前回「記憶力・判断力に心配ありません」 → 今回「記憶力・判断力が少し低くなっています」

検査結果が「記憶力・判断力が低くなっています」と判定された方

臨時適性検査(専門医の診断)の受検、又は医師の診断書の提出が必要となります。
診断結果が認知症と診断された場合は、運転免許の取消し、又は停止になります。
(認知症ではないと診断された方で前回認知機能検査結果と比較して悪化している場合は、臨時高齢者講習の受講が必要となります。)

3 臨時高齢者講習の通知を受けた場合

通知を受けた方は、指定された場所(鮫洲試験場、府中試験場)で指定された日時に、「臨時高齢者講習」を受講して下さい。
なお、海外旅行をしていること、災害を受けていること、病気にかかり、又は負傷していること等のやむを得ない理由がなく、通知書を受け取ってから1か月以内に受検しなかった場合には、運転免許の停止処分となります。

臨時高齢者講習

120分 5,650円

  • 実技 行動の診断・指導(実車) 60分
  • 座学 個別指導 60分

受講場所

鮫洲試験場、府中試験場

携行品

通知書、認知機能検査結果通知書、手数料、筆記用具、眼鏡等(必要な方)

東京都以外から転入された場合

臨時認知機能検査または臨時高齢者講習の通知を受け、これらを受ける前に東京都内に転入された方は、東京で検査または講習を受けることができます。検査または講習を受ける日付と場所は指定制となりますので、運転免許本部運転者教育課講習第二係までご連絡ください。

問合せ先

警視庁 運転免許本部 運転者教育課 講習第二係

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習に関すること

電話:03-6717-5813 (平日午前8時30分から午後5時00分まで)

臨時適性検査に関すること

電話:03-6717-3137 (平日午前8時30分から午後5時00分まで)

情報発信元

警視庁 運転免許本部 運転者教育課 講習第二係(高齢者講習担当)
電話:03-6717-5813

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る