トップ / 運転免許 / その他 / ICカード免許証

ICカード免許証


運転免許証がICカード化されました
ICカード免許証イメージ

ICカード免許証は偽変造免許証の作成が極めて困難となります

最近、一見しただけでは判別できない精巧な偽変造免許証が出回り、他人名義の免許証を用いて銀行口座を開設したり、携帯電話の利用契約を結び、振り込め詐欺等に不正に使用されています。

ICカード免許証は、偽変造免許証の作成が極めて困難であり、不正使用を防止できます。

また、本籍はプライバシー保護のため、表面から削除されました。


ICチップ内の読み取りには暗証番号が必要となります

ICカード免許証は、表面に記載されている内容がICチップに記録されます。

ICチップの記録内容は、ICカード読み取り装置に暗証番号を入力しないと見ることができません。また、免許証を身分証明書として使用する際など、表面に記載されている内容の真偽を判定する場合に暗証番号が必要となります。

暗証番号を設定しなかった場合は、ICカード読み取り装置を持っている人が、何らかの理由で至近距離(約10cm)まで近づくとICチップ内の個人情報がその人に読み取られるおそれがあります。


※ 暗証番号はキャッシュカード、クレジットカード等の暗証番号とは異なるものにしてください。


暗証番号を3回続けて間違えるとICチップは読めなくなります

暗証番号を3回続けて間違えると、それ以降は、ICチップに記録された内容の読み取りができなくなりますのでご注意ください。

読み取りができなくなった場合は、府中鮫洲江東の各試験場、神田新宿の各免許センターのほか、各警察署において復旧することができますので、ご本人が免許証を持参し申し出てください。


※ 暗証番号の照会、復旧等の受付時間

○ 運転免許試験場 平日8:30〜17:15、日曜日8:30〜12:00、13:00〜17:15

○ 運転免許更新センター、都内の各警察署 平日のみ 8:30〜17:15

(注) 平日とは、月曜日から金曜日までの日で、年末年始(12/29〜1/3)、国民の祝日及びその振替休日を除く。


暗証番号を忘れた場合は照会に応じます

暗証番号を忘れた場合は、個人情報の保護の観点から電話での照会には応じられませんのでご了承ください。

ご本人が免許証を持参し、府中鮫洲江東試験場の各試験場、神田新宿の各免許センターのほか、各警察署に申し出た場合のみ回答します。したがいまして、暗証番号の控えは確実に保管してください。

なお、暗証番号は次回の免許証交付時まで変更できません。


交付手数料が変わりました

ICチップが含まれるため、従来の交付手数料に450円が加算された額となります。


ICカード免許証発行の流れ

(手続き場所によっては、順番が前後するところがあります。)

  1. 申請書を作成するとともに暗証番号申告用紙に暗証番号を記載してください。
1 暗証番号申告用紙に記入します
下矢印
  1. 暗証番号をIC免許読取兼バーコード印刷装置に入力すると、登録カードが印刷されます。
下矢印

適性検査を受けます。

下矢印
  1. 申請書類を提出後、バーコード読取装置付免許証作成装置に登録カードを読み込ませてから免許証の写真を撮ります。
3 写真撮影後、登録カードの読み込み
下矢印
  1. 講習受講後、免許証を受領します。
4 ICカード免許証のICチップ記録内容を確認

※ 暗証番号の照会、復旧等の受付時間

○ 運転免許試験場
平日8:30〜17:15
日曜日8:30〜12:00、13:00〜17:15
○ 運転免許更新センター、都内の各警察署
平日のみ8:30〜17:15

(注) 平日とは、月曜日から金曜日までの日で、年末年始(12/29〜1/3)、国民の祝日及びその振替休日を除く。


運転免許証の様式変更について

改正道路交通法施行規則が平成22年7月17日に施行され、運転免許証表面の本籍欄の削除と、同裏面に臓器提供の意思の有無を記載(記入は自由です。)できることとなりました。


【実物大 : 縦5.4cm×横8.56cm】
運転免許証の様式変更

「(社)日本臓器移植ネットワーク」のHPはこちら

免許案内トップへ

【問合せ先】
警視庁 運転免許本部
TEL 03-6717-3137(代表)