このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

外国で取得した運転免許証を日本の運転免許証に切替えるには

更新日:2018年11月21日

受験場所

  • 日本語が話せない方には、通訳できる方の同伴をお願いする場合があります。
  • 府中運転免許試験場・鮫洲運転免許試験場は、全ての外国等の運転免許証をお持ちの方が手続き可能です。
  • 江東運転免許試験場は、下記の28か国等(知識確認、技能確認を免除する国等)の運転免許証をお持ちの方のみ手続き可能です。

知識確認、技能確認を免除する国等(28か国等)

アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国(メリーランド州及びワシントン州に限る)、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェ-デン、スペイン、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェ-、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルク、台湾

受付日

平日のみ
(平日とは、月曜日から金曜日までの日で、祝日、休日、年末年始(12月29日から1月3日)を除きます。)

受付時間

午前8時30分から午後3時まで(午前11時から午後1時までを除く)
(混雑状況により、待ち時間が半日程度に及んだり、その日の手続きが途中で終了する場合があります。)

手数料

申請料

  • 普通2,550円
  • 原付1,500円
  • 大型・中型・準中型4,100円
  • その他2,600円

交付手数料2,050円

併記手数料200円

必要書類

1.有効な外国等の運転免許証
免許取得日が記載されていない場合は、免許取得日(初回取得日)を証明する書類(ドライバーズレコード等)が必要となります。また、2種目(例:普通免許と普通二輪免許)以上の免許を取得している方はそれぞれの取得日を証明する書類が必要となります。また、取得国や取得状況によっては用意していただく書類がありますので、事前に各運転免許試験場にお問い合わせください。
2.上記免許証の日本語による翻訳文(提出)
当該国の駐日大使館(但し、台湾の免許証については、台湾日本関係協会)又は日本自動車連盟(JAF)が作成したもの。
3.日本の運転免許証(現在及び過去に受けたことのある方)
4.本籍(国籍)記載の住民票(住民基本台帳法の適用を受ける方)
マイナンバー(個人番号)が記載されていない住民票を提出(コピー不可)

  • マイナンバー(個人番号)が記載された住民票を持参された場合、サインペン等でマイナンバー(個人番号)記載部分をマスキングしていただきます。
  • 海外赴任等で住民票が発行されない方は、一時帰国証明書(証明者の住所を確認できる身分証明書(免許証等)の写しを添付)と戸籍謄本を提出してください

5.旅券等(住民基本台帳法の適用を受けない方)
提示のみ(下記いずれかのもの)
・旅券(パスポート)
・外務省の発行する身分証明書
・権限のある機関が発行する身分を証明する書類
6.免許申請上の住所に関し、居住地に滞在していることを証明する書類(住民基本台帳法の適用を受けない方)
寄宿先の世帯主による証明書(証明者の住所を確認できる身分証明書(免許証等)の写しを添付)等を提出してください。
7.免許を取得した国などに、免許を取得後、通算して3か月以上滞在したことが確認できるもの(パスポート等)

  • 古いパスポートがあれば全てお持ちください。
  • 出入国の際に自動化ゲートを利用した場合は、免許を取得した国等の出入国記録証明書などを取得してください。
  • 自動化ゲートを利用していないパスポートでも、出入国記録証明書が必要になる場合があります。

詳しくは各運転免許試験場にお問い合わせください。
8.申請用写真(申請書に貼付する写真)
縦3センチメートル×横2.4センチメートル(1枚)

  • カラー、無帽(宗教上又は医療上の理由がある場合を除く。)、正面、上三分身、無背景、申請前6か月以内に撮影したもの。
  • カラーコンタクト等の使用はご遠慮ください。
  • 粒子の粗い写真や自宅で撮影した写真は使用できません。申請時に窓口で確認させていただきます。
  • 申請種目が複数の場合は、種目数に応じた枚数が必要です。
  • 運転免許証の作成に使用する写真ではありません。

資格

  • 18歳以上(普通二輪は16歳以上、中型免許は20歳以上、大型免許は21歳以上)
  • 外国等で免許を取得後、その国等に通算して3か月以上滞在していた方
  • 普通及び二輪免許は、視力が両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上であること。一眼の視力が0.3に満たない方若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上であること。
  • 準中型免許、大型免許は、視力が両眼で0.8以上、かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること、かつ、三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下であること。
  • 過去に日本の免許を取得していた方で、取消処分等(初心取消を除く。)を受けた方は、受験前1年以内に取消処分者講習を受講し、かつ、欠格期間経過後でなければ受験できません。
  • 住所が東京都の方

その他

  • 外国免許からの切替の際、知識確認、技能確認を行います。
    (注記1)技能確認は予約制のため受付当日に受けることはできません。
    (注記2)前記28か国等については、知識確認、技能確認を免除します。
  • 初心運転者等に該当するかどうか確認する必要がありますので、運転経歴および滞在期間が分かるもの(過去の外国免許証等)をお持ちの方は、ご持参ください。
  • 中型免許、大型免許に切替えるためには、普通免許又は準中型免許を取得し、かつ、普通自動車又は準中型自動車の運転経験(外国免許を取得した国での運転経験を含みます)が中型免許は2年以上、大型免許は3年以上必要になります。

問合せ先

警視庁 府中運転免許試験場 学科試験課

電話:042-362-3591(代表)

警視庁 鮫洲運転免許試験場 試験課

電話:03-3474-1374(代表)

警視庁 江東運転免許試験場 免許課

電話:03-3699-1151(代表)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 運転免許本部 免許管理第一係
電話:03-6717-3137(代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る