トップ / 運転免許 / ,講習 / 講習予備検査と高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)
 

講習予備検査と高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)

 

講習予備検査と高齢者講習等を受けないと

免許証の更新はできません。


ピーポくん
  免許証の更新期間満了日(誕生日の1ヶ月後の日)の年齢が75歳以上で、免許更新を希望する方は、更新手続前に講習予備検査の受検と高齢者講習等を受講してください。


東京都内にお住まいの方は、都内の教習所で「講習予備検査」と「高齢者講習等」を受けてください。
(東京都公安委員会は、都内47教習所に検査と講習を委託しています。)
※ 例外として「経由地更新」があります。
詳しくは、下記「問合せ先」に電話で確認してください。




講習予備検査とは?



 ご自分の判断力、記憶力の状態を知っていただくための簡易な検査です。



講習予備検査の内容は?


 「時間の見当識」・「手がかり再生」・「時計描画」の3つの検査を行います。


「時間の見当識」〜検査時の年月日、曜日及び時間を回答していただきます。
「手がかり再生」〜16種類の絵を記憶し、何が描かれていたかを回答していただきます。
「時計描画」〜時計の文字盤を描き、指定された時刻を表す針を描いていただきます。


講習予備検査の結果はいつ判るの?


 検査結果は、即日、検査終了後に書面でお知らせします。



※ 警察庁HP「講習予備検査(認知機能検査)について」を見たい方はこちら
※ 政府インターネットテレビ「高齢ドライバーの免許証の更新には講習予備検査が必要です」
(動画)を見たい方はこちら


講習予備検査で、「記憶力・判断力が低くなっている」と判定された場合は?


 運転免許の更新手続きはできますが、




基準行為(注1)の確認期間内(注2)に、基準行為が確認された場合、臨時適性検査(専門医の診断)を受けることになります。




臨時適性検査(専門医の診断)の結果、認知症と診断された場合は、運転免許の取消し、又は停止になります。


(注1)
 基準行為とは?

信号無視 通行禁止違反 通行区分違反(右側通行等)
通行帯違反 進路変更禁止違反 転回・後退等禁止違反
踏切不停止 しゃ断踏切立入り 指定通行区分違反
一時不停止 交差点優先車妨害 優先道路通行車妨害
徐行場所違反 横断歩行者等妨害 交差点安全進行義務違反


(注2)
基準行為の
確認期間とは?
 ・ 更新期間満了日の1年前から申請書提出の前日
又は
 ・ 更新申請書の提出後から次回の申請書提出日


講習予備検査と高齢者講習講習を受けられる期間は?


 更新期間満了日(誕生日の1ヶ月後の日)の6ヶ月前から
 更新期間満了日までの間、受講できます。

講習予備検査・高齢者講習の受講期間


講習予備検査と高齢者講習の予約方法は?


 希望する教習所に直接電話予約してください。
 (講習予備検査と高齢者講習は予約制です。)


講習通知書の「検査と講習のお知らせ」に、教習所名・所在地・電話番号が記載してあります。
(「検査と講習のお知らせ」を受け取ってから予約してください。)

「高齢者講習実施場所・予約状況一覧[PDF]」についてはこちら
「教習所無料バス発着一覧[PDF]」についてはこちら


 教習所が少ない地域は、予約がとりにくくなっています。早めに予約してください。




高齢者講習には、どんな種類の講習があるの?

高齢者講習
高齢者講習を委託している47ヶ所すべての教習所で受講できます。
 ※ 都内居住者に限ります。
 ※ 試験ではないので、必ず終了証明書が交付されます。
シニア運転者講習
都内居住者以外でも受講できる教習所で行う講習です。
都内5カ所の教習所で受講できます。電話で確認してください。
講習予備検査は、住居地の教習所で受験してください。
チャレンジ講習
教習所コース内の運転試験で、70点以上の人が簡易講習を受講できます。
70点未満の人は、再度チャレンジするか、他の講習を受講してください。
講習予備検査で、「記憶力・判断力に心配ない」と判定された人のみ受講できます。
都内10カ所の教習所で受講できます。電話で確認してください。
メリットは、手数料が安いことです。デメリットは、講習数が少なく、不合格の場合は、再度受講しなければならないことです。
(再受講は、別途手数料がかかります。)

特定任意高齢者講習
(簡易講習)


チャレンジ講習で70点以上の方が受講できます。
運転免許取得者教育
運転技術の向上等を目的にした講習で、この講習を受講すると高齢者講習が免除されます。
手数料は、各教習所独自に設定しています。


 ※ ほとんどの方が、高齢者講習を受けています。
 ※優良運転者として経由地更新される方は、上記すべての講習を受講できます。



講習予備検査と高齢者講習の所要時間と内容は?

講習の名称 高齢者講習 シニア運転者講習 チャレンジ講習 簡易講習 運転免許取得者教育
講習予備検査の所要時間 30分 30分 30分 30分
講習の所要時間 2時間30分 2時間30分以上 30分 1時間以上 3時間以上
小型特殊免許は
1時間30分
合計1時間30分以上
講習の内容 座 学
(30分)
座 学
(30分以上)
実車による試験
(30分)
座 学
(30分以上)
座 学
(60分以上)
運転適性検査等
(60分)
運転適性検査等
(60分以上
)
運転適性検査等
(30分以上)
運転適性検査等
(60分以上)
実 車
(60分)
実 車
(60分以上)
チャレンジ講習が
70点以上の人のみ、
簡易講習を受講できる
実 車
(60分以上)
検査・講習の合計時間 3時間 3時間以上 2時間以上 3時間30分以上


 ※講習終了証明書が交付されます。
 ※証明書は、更新の際に必要です。



講習予備検査と高齢者講習の手数料は?

講習の名称 高齢者講習 シニア運転者講習 チャレンジ講習 簡易講習 運転免許
取得者教育
講習予備検査
手数料
650円 650円 650円 650円
講習手数料
5,350円

5,800円 2,650円 1,500円 6,150円〜
28,000円

小型特殊免許は
2,350円

合計4,150円 
手数料総計 6,000円 6,450円 4,800円 6,800円〜28,650円


 上記の他に、免許証更新手数料2,500円が必要です。




高齢者講習の日に持参するものは?


 1 講習通知書「免許証更新のための検査と講習のお知らせ」
 2 運転免許証
 3 手数料
 4 筆記用具
 ※ 運転に眼鏡が必要な方は、必ず持参してください。



免許証の更新手続は?


 更新手続は、
  運転免許試験場(3ヶ所)、
  運転免許更新センター(2ヶ所)、
  指定警察署(12ヶ所)
 で行います。

ピーポくん


 ※ 更新手続き時に、改めて講習を受けることはありません。



※ 「更新手続きの場所」についてはこちら


免許証の更新時に持参するものは?


 1 講習終了証明書を持参して、更新手続をしてください。
 2 更新手数料 2,500円
 ※ 視力検査等の適性検査を実施します。



運転経歴証明書とは?


 免許証を自主返納した方に交付するもので、金融機関等で本人の確認書類として使えます。




※「運転経歴証明書の交付申請・再交付申請」についてはこちら
免許案内トップへ

【問合せ先】
警視庁 運転免許本部 運転者教育課 講習第二係(高齢者講習担当)
TEL 03-6717-5813

トップ / このサイトについて Copyright (C) Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.