第九機動隊


第九機動隊 マーク

 疾風の九機

 大空を高く、羽ばたく若鷲の「疾風迅雷」の如く突き進む姿を、また口に加えた月桂樹は「勝利を念ずる心」を表し、精鋭九機が栄冠を目指して、羽ばたき続ける姿を象徴しています。

渋谷スクランブル交差点警備

写真

平成25年6月4日に行われた男子サッカーW杯アジア最終予選(対オーストラリア戦)は、日本が引き分け以上で本戦出場が決定するという注目の一戦でした。
渋谷スクランブル交差点周辺は、土壇場の同点ゴールでの本戦出場決定を祝う人々により混雑しました。
 その際、第九機動隊は、雑踏警備を未然に防止するため警備に従事しました。

試合終了後は、当隊広報係員らをはじめとした隊員の整理誘導に、サポーターの皆さんが積極的に協力していただき大きな事故や怪我人を出すことなく、雑踏事故の未然防止を図ることができました。


水難救助隊

写真

河川や海などで発生した水難事故に対処するのが、警視庁水難救助隊です。潜水士・警視庁水難検定資格を有した隊員で構成され、水難救助車やボート、水上バイクを配備しています。
 不法事案に備えた水上部隊として従事するほか、河川等に投棄された犯罪事件の証拠品捜索部隊として従事するなど幅広く活躍しています。
 また、他府県警察の水難救助部隊や海上自衛隊などの他機関との合同訓練を積極的に取り入れ、技術の向上に努めています。  



警視庁アメリカンフットボール部

写真

昭和46年8月23日、隊員の心身の鍛錬と士気の高揚を図るとともに、都民に親しまれる機動隊づくりの一環として、第九機動隊に発足しました。
 チーム名は、当隊のシンボルマークの若鷲から「警視庁イーグルス」と名付けられました。
 チームは、日本社会人アメリカンフットボール協会に加盟しており、平成25年度シーズンは、念願であったXリーグ(1部リーグ)で戦いましたが、1年間でX2リーグ(2部リーグ)に降格してしまいました。
 平成26年度シーズンは、チーム一丸となり、Xリーグへの再昇格を目指して全力で取り組んでまいります。






▲このページのトップへ

特科車両隊へ

各機動隊の紹介トップへ

【問合せ先】
警視庁 警備第一課 管理第一係
TEL 03-3581-4321(警視庁代表)