平成29年度警視庁採用サイト

Metropolitan Police Department

メニューの開閉
  1. 採用サイトTOP
  2. 警察官・警察行政職員紹介
  3. 地域警察

地域警察第一自動車警ら隊
第四中隊 巡査長

対象のほんの少しの
挙動の変化を
見逃すことなく声かけし、
犯罪者を徹底検挙する。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

地元の九州で警察官をしていた父の背中を幼い頃から見て育ちました。中学生になり、自動車警ら隊としてテレビに映る父に憧れを抱き、自分も同じ警察官になりたいと思いました。警視庁を志望したのは、東京は地元に比べて扱う事件が多く、警察官としての成長につながる経験がたくさんできると思ったこと、そして日本の首都で治安を維持することにやりがいを抱いたからでした。現在は、自動車警ら隊として繁華街を中心に渋谷区周辺でパトロールを行っております。不審者や不審車両があれば職務質問を実施して違法な薬物・所持禁止のナイフ類を所持していれば検挙します。また事件や事故が起きればいち早く現場に急行します。

02 / 03

担当業務のやりがい

何もない街中から犯罪の糸口を見つけ出す「ゼロを1にする」のが私たちの業務です。警察官やパトカーを見てあからさまに顔をそらすなど、違和感のある反応を見て対象者を絞り職務質問をくり返すので、自分たちの技術や経験がとても重要になります。検挙につながらない時もありますが、自分の技術を活かして検挙に結びつけられた時はとてもやりがいを感じます。第一自動車警ら隊には各署で活躍をした優秀な方々が集まっています。わずかな行動を絶対に見逃さないプロフェッショナルの技術と、犯罪を許さない強い使命感を持った先輩方と一緒に勤務をしながら毎日学ばせていただいています。

03 / 03

仕事をする上で大切にしていること

職務質問のプロ集団の一員として「犯罪を見逃さない技術」を日々向上させること、そして少しでも自分が対象者と思う人がいたら必ず声をかけるという行動力が大事だと思っています。また、違法薬物等が見つかった場合、犯人は飲み込んだり、投げ捨てたり、逃走を図ろうとするため、「逃がさない技術」を向上させることも必要となります。声かけをさせていただくのはほとんどが普通の方。多くの方々のご協力を得て、犯罪抑止につなげていく仕事であるため、言葉遣いを丁寧にして圧迫感を持たれてしまわないようにして、快くご協力いただけるように心がけています。

MESSAGE

これからの目標

幼い頃から「あなたの父は立派な警察官だ」と周りが言うのを聞きながら育ったこともあり、私もそんな父のように周りから厚い信頼を得られる人間になりたいと思っています。自分に子供ができたら子供が誇れる父親であり、警察官になりたいですね。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール
(当直勤務)

PROFILE

第一自動車警ら隊 第四中隊
巡査長

九州の高校を卒業後、平成20年(2008年)入庁。高尾警察署地域第二係交番勤務、警ら用無線自動車勤務を経て、平成25年(2013年)から現職。