平成29年度警視庁採用サイト

Metropolitan Police Department

メニューの開閉
  1. 採用サイトTOP
  2. 警察官・警察行政職員紹介
  3. 生活安全警察

生活安全警察生活安全特別捜査隊
子ども・女性安全対策第三班 巡査部長

事件化する前に
前兆をつかみ
犯罪を予防する。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

「テレビの中の警察官がかっこう良かったから」。今の仕事を目指した理由は本当にシンプルでした。警察官には民間企業にはない使命と責務があり、さらに仕事内容が多岐にわたることに魅力を感じ、せっかくなら首都を守る警察組織で挑戦してみようと入庁を決めました。現在は、子供や女性への犯罪を未然に防ぐことを目的につくられた部署、通称「さくらポリス」で勤務しています。不審な声かけ、つきまといなどがあれば現場に急行し、聞き込みなどの情報収集、防犯カメラ解析などから不審者を特定する初動捜査を行っています。

02 / 03

担当業務のやりがい

犯罪につながる前兆事案かどうかの判断はとても難しいもの。最近では、近所の子供に挨拶をしたり、ただ道を聞いただけのつもりでも“不審な声かけ”と捉えられて通報に至るケースもあるからです。このような情報のすべてがさくらポリスで一元管理されているため、情報は大量にあります。この中から、同一犯の不審者情報ではないか、と推論ができるかどうかには、捜査員の“センス”や“経験”が求められるのも事実。組織力に自身の捜査員としての“センス”や“経験”を活かして、人の力になれることは、この業務のやりがいだと思っています。

03 / 03

仕事をする上で大切にしていること

「きちんと捜査してくれるんだ」と安心してもらえることが、私たちが現場に行く一つの意味であると思っています。そのためには、被害者からまず信頼してもらうことが最初のステップになります。経験が浅い時には、交番の警察官がすでに聴取した内容を再度聞いてしまったり、必要な情報を一度で聞き取れずに時間をとらせてしまうなどの失敗もありました。適切な言葉を選び、時間をかけずにストレスなく話してもらえるような雰囲気を作り出すこと。それが結果として、被疑者検挙につながったり、地域の方々が安心して暮らせる街づくりにつながると考えています。

MESSAGE

これからの目標

被疑者、被害者共に多国籍化が進んでいます。来日外国人はさらに増えることが予想されていますので、語学力を高め、老若男女、国籍も超えてあらゆる人が安心して過ごせる街づくりに貢献していきたいです。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール
(当直勤務)

PROFILE

生活安全特別捜査隊 
子ども・女性安全対策第三班
巡査部長

平成16年(2004年)入庁。城東警察署交通執行第二係、少年第一係、平成21年(2009年)生活安全総務課対策第三係、子ども・女性安全対策第二係、平成24年(2012年)神田警察署交通執行係、平成25年(2013年)警察学校「助教」を経て、平成28年(2016年)から現職。