平成29年度警視庁採用サイト

Metropolitan Police Department

メニューの開閉
  1. 採用サイトTOP
  2. 警察官・警察行政職員紹介
  3. 海技

海技東京湾岸署
水上安全第四係 主事

海や河川の
水上面で活動し、
あらゆる危険から都民を守る。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

もともと一般商船の機関士希望でしたが、女性の採用がほとんどなかったため官庁系を志望しました。中でも警視庁は警備艇の数が圧倒的に多く、操船と整備を両方できることから、幅広い技術が身に付くところがやりがいに感じ入庁を希望しました。私は、水上安全第四係で、海技職として警備艇の操船・整備を担当しています。東京港内、都内の河川や運河において、警備艇を使って河川や運河などに転落した人を助ける水難救助、遺体の収容、花火大会や要人が来日した際の水上警護警戒警備、災害訓練、水上警ら活動などを4交替制で行っています。

02 / 03

担当業務のやりがい

水上安全課の活動範囲はとても広く、港湾はほぼすべて。河川であれば神奈川、埼玉、千葉の県境にまで至ります。特に水難事案が発生した際は、遠方でも急行して取扱いを行うことがあります。「誰が救助するのか」ではなく「救助できるなら誰でもやる」というルールが取り決められているからです。また、警視庁には大小様々警備艇があるため、あらゆるタイプの警備艇の操船・整備ができることも魅力の一つ。エンジンが理解できるようになれば、警備艇の特性もわかり、操船技術も上がります。知識や技術を高めることができる仕事です。

03 / 03

仕事をする上で大切にしていること

東京港内や運河、河川には水面下に目視で確認できない浅瀬や障害物が数多くあるため、無知のまま航行すると損傷事故につながる恐れがあります。そのため危険箇所を把握し覚えるよう日々勉強しています。また、水上では毎日状況が変わります。風の強い荒天時、潮流の速い時などマニュアル通りでは通用しないこともあるため、上司や先輩の操船を身近で学びながら柔軟に対応できるようになることが大切です。私たち海技職は警察行政職員という立場ですが、制服を着て現場に向かうため、いつも都民に見られていること、警察官と同じように信頼を得ることを常に意識しています。

MESSAGE

これからの目標

まだ自分の操船技術では荒天時での離着岸が安定していないので、より技術を高めることが目標です。また、もともと機関士志望だったので、整備係として警備艇のエンジン整備について学んでいきたいと思います。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

PROFILE

東京湾岸警察署
水上安全第四係 主事

海上技術短期大学校にて航海士・機関士の資格を取得。同校卒業後、平成26年(2014年)入庁。現部署に配属され現職。