平成29年度警視庁採用サイト

Metropolitan Police Department

メニューの開閉
  1. 採用サイトTOP
  2. 警察官・警察行政職員紹介
  3. 交通警察

交通警察第一方面交通機動隊
第三中隊 巡査長

重大事故につながる
小さな違反を
見逃さない。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

中学生の時に目の前を駆け抜けていった白バイのまぶしさに一瞬で引き込まれ、「自分もいつか白バイ隊員になりたい」と思い今に至ります。警視庁への入庁を決めたのは、他府県警に比べて白バイ隊員の数が多いことも大きな決め手でした。交通違反の取締りと指導を通して、交通事故を未然に防ぐこと。それが私たち白バイ隊員の使命です。私が所属する交通機動隊は、管轄する範囲が警察署に比べて広範囲で活動していることが特徴で、白バイの機動力を活かして、交通事故につながるふとした気の緩みがないか目を光らせて注意喚起をしています。

02 / 03

担当業務のやりがい

以前、交通事故の現場に最初に駆けつけた時、目の前で亡くなる子供の姿を目の当たりにしたことがありました。もう誰にも事故で悲しい思いをしてほしくない。その時の思いが今の自分の原動力になっています。交通違反の取締り時に「今日注意されなかったら事故を起こしていたかもしれない、ありがとう」と言ってくださる方もいて、自分の仕事が直接、交通事故を減らすことにつながっていることを実感できます。私たちのゴールは安全・円滑な交通社会を実現すること。一人の命も失わせたくない。その想いを常に持って白バイに乗るようにしています。

03 / 03

仕事をする上で大切にしていること

白バイに乗務していると多くの方から注目されます。信号待ちの停車中でも一瞬たりとも気を抜くことはできません。なぜならその中にはかつての自分のような子供たちもいるからです。いくら白バイが輝いていても乗っている警察官がくすんでいたら台無し。だから端正な身だしなみも私たちに課されたミッションだと考えています。「さすが、警視庁の白バイ隊員」と思われるよう、どんな時もほかの車両の運転の模範となり交通のプロフェッショナルでありたいと思っています。

MESSAGE

これからの目標

運転技術の向上には上限がありません。交通機動隊に配属されて2年。後輩もできましたので、さらなる高みを目指し成長していきたいと考えています。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール
(当直勤務)

PROFILE

第一方面交通機動隊
第三中隊 巡査長

平成22年(2010年)入庁。玉川警察署で交番勤務、平成25年(2013年)交通執行係、平成26年(2014年)から現職。