平成29年度警視庁採用サイト

Metropolitan Police Department

メニューの開閉
  1. 採用サイトTOP
  2. 職種紹介
職種紹介

警察官・警察行政職員が
警視庁を動かす両輪です。

警察官

地域警察

交番勤務やパトカー勤務を通じて、都民に最も身近な存在として活動。パトロールや地域住民への防犯活動、職務質問による犯罪検挙、事件・事故発生時の初動警察活動、交番での地理案内や遺失届・拾得物の受理、各種相談の受付など、地域の安全・安心維持において大きな役割を果たす。

詳しく見る

交通警察

交通ルールを遵守させることによって交通事故を防止し、安全で快適な交通社会の実現を目指す。スピード違反や飲酒運転といった交通違反の指導取締りや暴走族対策、交通事故・事件の捜査、交通安全教育による交通安全意識の浸透、信号制御や交通情報の提供による交通管制など、交通安全のために幅広く活動する。

詳しく見る

刑事警察

犯罪を捜査し、犯人を検挙して事件を解決することが使命。殺人や強盗、誘拐などの強行犯捜査をはじめ、振り込め詐欺や横領などの知能犯捜査、空き巣やひったくりなどの盗犯捜査、事件解決の証拠となる資料を収集する鑑識がある。その他、証拠資料の分析・解析や科学捜査による鑑定を行っている。

詳しく見る

生活安全警察

人々にとって身近な犯罪の検挙・未然防止により、犯罪の起きにくい社会づくりを推進することが責務。振り込め詐欺やひったくりなどの犯罪に対する防犯対策、困りごとなどの生活安全相談、ヤミ金融などの経済事犯やサイバー犯罪の取締り、少年の非行防止や健全育成など、その活動は広範囲にわたる。

詳しく見る

組織犯罪対策

暴力団や外国人犯罪組織、銃器・薬物の密輸・密売グル―プなど治安水準に大きな影響を及ぼす犯罪組織の壊滅が使命。犯罪組織に関する情報の収集・分析の一元化を図りながら、組織の実態解明に努め、徹底した検挙活動、犯罪のインフラの解体、犯罪収益の剝奪等を強力に推進することにより、社会の安全を脅かす犯罪組織の壊滅を目指す。

詳しく見る

警備警察

テロや災害などの様々な脅威から人々を守る。デモの整理などの治安警備、イベントでの混雑による事故を防ぐ雑踏警備、災害時における被災者の避難誘導や救助、天皇陛下・皇族、国内外の要人の警衛警護などにおいて、機動隊やSPをはじめとする専門スキルを磨いたスペシャリストたちが活躍している。

詳しく見る

公安警察

国家のセキュリティを担当する部門。国際テロ組織、過激派、右翼などによるテロ、ゲリラを未然に防ぐ対策をはじめ、北朝鮮による拉致容疑事案や対日有害活動の取締りなどを行う。また、近年続発するサイバー攻撃に対しては、関係部門と連携の上、捜査を推進し、実態の解明と被害防止に挑み続ける。

総務・警務

総務部門では、ITを活用した事務効率の向上を推進するほか、予算執行などの会計業務、物品や施設の管理、装備資器材の開発などにより、警察活動を支えている。警務部門では、職員の採用、人事、給与、福利厚生に関する事務や各種教養・訓練などにより、職場環境の向上と育成制度の充実を図る。

警察行政職員

警視庁リクルーター

警視庁警察官を目指す皆さんを合格へとナビゲートする先輩警察官をご紹介します。