警察官

案内・試験問題例・申込書・受験票の
ダウンロード

ダウンロードする場合の注意事項

採用試験案内等の印刷

採用試験案内は、A4判の用紙に印刷してください。

申込書は、A4判(白色用紙)にカラー印刷をしてください。

受験票は、原則として「官製はがき」の裏面にカラー印刷をしてください。
ただし、官製はがきに直接印刷できない場合は、白色用紙に印刷した後はがき大に切り取り、
官製はがきの裏面に、はがれないようにしっかりのり付けしてください。

申込書・受験票の記入

各記入例に従って記入してください。
特に、試験日、受験資格等は、警察官採用試験案内のページでよく確認してください。

申込時の留意事項

  • 受験資格の有無を確かめるとともに、申込書・受験票に記入漏れや誤記がないかをよく確認してください。写真は貼らないでください。
  • 申込書と受験票は、ステープラ等で留め、角形2号(A4判用)の封筒に折り曲げずに入れてください。
  • 申込書・受験票を入れた封筒は封をし、封筒表に「警視庁警察官採用試験申込書在中」と朱書して、申込受付期間内に都内の各警察署・交番・駐在所・その他警察施設に直接持参するか、警視庁採用センターに郵送してください。

郵送する場合は、申込締切日の消印があるものまで有効です。

〔送付先〕
〒183-8555
東京都府中市朝日町3丁目15番地の1
警視庁採用センター

その他

  • 受験票は第1次試験のおおむね10日前に返送します。第1次試験日の1週間前になっても受験票が届かない場合は、必ず警視庁採用センターに問い合わせてください。0120-314-372(フリーダイヤル)
  • 返送された受験票に、3か月以内に撮影した写真(4cm×3cm、上半身、無帽、正面向き)を貼り、第1次試験当日に持参してください。
  • 試験会場が複数ありますので、必ず返送された受験票で自分の試験会場を確認してください。
  • 試験会場敷地内では携帯電話等の電源は切ってください。
  • 時計のない会場があるので注意してください。卓上用の時計、携帯電話、スマートフォン、腕時計型端末等の電子機器は使用できません。

申込書作成上の注意事項

  • 太枠線内に青か黒のボールペン又は万年筆で丁寧に自筆してください。
    ※ 「受付番号」、「受験番号」、「交付所属/リクルーター」欄は、記入しないでください。
  • 「種別」および「類別」欄は、いずれか一つを○で囲んでください。
  • 「学歴」欄の記載は以下を参考にしてください。
    • 最終学歴だけでなく、高校以降通学した学校を全て記載してください。
    • 高校の学科名は普通科、商業科、工業科、機械科等を記載してください。
    • 高卒認定(旧大検)合格者は、高校の欄に資格名と取得年月を記載してください。
    • 短期大学は、学科名だけを記載してください。
    • 高等専門学校は、高校の欄に記載してください。
    • 大学の課程区分は、昼間部は一部、夜間部は二部、フレックス制の場合は主に通った区分を○で囲んでください。
    • 専門等(専門・専修学校)は、何年コースかを正しく記入してください。 例:2年コース
  • 「資格経歴等の評定」に伴う資格経歴等の申請
    第1次試験の「資格経歴等の評定」に伴い、資格経歴等の申請を行う方は、詳細を「資格経歴等の評定について」で確認の上、該当項目を所定の枠内に正確に記入してください。 (欄が不足する場合は、ダウンロード版申込書を余分に出力して記入し、添付してください。)
    • 「種類」は、体=体力、語=語学、情=情報処理、他=その他警察官の職務執行に有用な資格経歴等に大別し、該当するものに○を付けてください。
    • 「証明書類」は証明書類の有無について、ある=○、ない=×のいずれかを記入してください。
    • 資格経歴等は受験する試験の申込書提出の時点で取得済み(大会等出場の場合は出場後)のものであり、かつ、第1次試験日に証明可能なものとします。証明できない、又は証明内容に不備がある資格経歴等は、資格経歴等の評定の対象になりません。
    • 資格経歴等の申請は、申込書に記入のある場合に限ります。申込書に記入のない申請は認められません。
    • 申請を行った資格経歴等の証明書類を第1次試験時に持参してください(申込み時には添付しないでください)。証明書類は、申請した各資格経歴ごとに原本とそのコピーが必要です。
      • コピーはA4判に統一してください。A4判より小さい証明書類(カードサイズの資格証等)をコピーする場合は、A4判の中央部分に入るようにコピーをしてください。A4判より大きい証明書類(賞状等)をコピーする場合は、A4判に縮小してコピーをしてください。
      • 証明書類の原本は、第1次試験終了時に返却します。
      • 試験会場で証明書類をコピーすることはできません。(後日持参されても受け付けることはできません。)
  • 署名・押印の欄の記載
    受験するには、採用試験案内に掲載してある受験資格の「年齢」、「学力」および「身体要件」を全て満たすほか、以下に示している各要件のいずれにも該当しないことが必要となります。
    • 日本の国籍を有しない者
    • 成年被後見人又は被保佐人※
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
    • 東京都職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
    • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
      ※民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)附則第3条第3項の規定により従前の例によることとされる準禁治産者を含む。

受験資格等をよく確認し、申込書に記入漏れや誤記がないかをチェックし、自署・押印してください。
採用試験申込書等の記載事項に虚偽があると、警察官として採用される資格を失う場合があります。

受験票作成上の注意事項

  • 「氏名(フリガナ)」、「生年月日・年齢」、「種別」、「類別」欄は、丁寧に楷書で記入し、該当する箇所に○を付けてください。
  • 申込時には写真は貼らないでください。
  • 受験番号は試験当日指定しますので、空欄にしておいてください。
  • はがきの表面について
    • 郵便番号、住所は、受験票が確実に手元に届く場所を記入してください。
      (寄宿先のある方は寄宿先まで 例:○○方 ○○荘)
    • 氏名(受験者の氏名)は、丁寧に楷書で記載してください。
    • 官製はがき以外は、62円切手を貼ってください。

PDFファイルをご覧になる場合は、AdobeReader(無償提供されています。)がインストールされている必要があります。インストールはこちら

Get Adobe Reader