地方出身の先輩に聞く!

警視庁の噂を
大捜査

警視庁は全国から集まった仲間たちに支えられています。
地元を離れて警視庁で仕事をすることを選んだ先輩たちに
警察学校について、入庁前後でのイメージギャップ、
東京での暮らしについてなど、ズバリ本音を聞きました。

警視庁は東京出身者ばかりなのですか?

東京出身者よりも全国各地から集まった仲間の方が多いです。

熊本県出身
もちろん生まれ育った地元の安全・安心を守ることも考えましたが、それ以上に日本の首都を守るという使命にやりがいと魅力を感じました。
秋田県出身
すでに当庁に勤務していた兄や大学のレスリング部の先輩から警視庁の素晴らしさや仕事のやりがいを聞いていました。輝いて仕事をしている先輩たちに憧れて志望しました。
埼玉県出身
船舶を勉強しているうちに「人のためになる仕事がしたい」という思いが強くなり、全国警察で一番多くの警備艇を保有している警視庁の海技職で、首都・東京の治安を守りたい、誰かのために頑張りたいと思いました。
埼玉県出身
父と兄が警視庁の警察官ということもあり、自分の進路を考えた時、当たり前のように警視庁を考えていました。首都を守っているのは東京人ばかりではありません。私のような埼玉や神奈川、千葉、茨城に住んでいる警視庁職員もいっぱいいます。
宮城県出身
警視庁は全国警察の中でも一番の大きな組織であり、首都の治安維持に努めていることから、入庁すればたくさんの経験を積むことができると思いました。警察官として自分をどこまで成長させることができるのか、チャレンジしてみたいと思ったからです。
兵庫県出身
地元の県警も考えましたが、大学の先生から「将来のことはあまり小さく考えずに、日本一の警察組織は警視庁なんだから良かったら受けてみたら」と薦められたのがきっかけです。いろんな種類の仕事が警視庁にはあり、自分の特性を活かせる仕事はきっと見つかります。入庁してから自分の道を決められるのも警視庁の組織の大きさだと思います。

警察学校での生活は大変なことが多いイメージですが実際はどうですか?

大変に感じることもあると思いますが、同期もみんな同じ気持ちです。一人ではありません。現場に出て必要となる知識を習得するため、同期同士で支え合って乗り越えられるはずです。

北海道出身
確かにその当時は大変に思った記憶があります。ですが、現場に出るとその大変さがいかに小さいことかがわかります。犯罪現場では、もっと辛い思いの被害者の方がおり、警察官として毅然とした態度を求められるときもあります。警察学校にいる教官方は、それを十分熟知した上で時に厳しく指導してくださいます。
宮城県出身
警察学校での授業や団体行動、団体生活は、すべて第一線で勤務する際に必ず必要になってきます。一見意味がないように思えたことが、現場に出て一人前の警察官になった時、必ず意味があったのだと気付かされます。先輩たちの教訓が警察学校での授業に詰まっているのです。
兵庫県出身
集団生活に不安を感じていましたが、仲間と助け合いながら過ごす日々はあっという間に馴染むことができ、気が付いた時には卒業でした。同期の絆は一生の宝になりますし、今でも共に頑張っている同期が同じ組織にいると思うと私も頑張れます。そんな同期は心の支えとなる存在です。
沖縄県出身
警察学校での生活を通じて仲間との連携や上司への報告・連絡・相談の習慣を身に付けることができました。これをしっかり学校で学んだことで、今の仕事が円滑に行えていると実感しています。警察学校での教養は絶対必要だと思います。
神奈川県出身
厳しいだけかと思っていましたが、やるべきことをしっかりとやっていれば、休む時は休んで楽しむ時間やプライベートを確保する時間もあり、メリハリのある生活を送ることができました。
長野県出身
社会人としての礼儀や、挨拶の大切さなどを教わります。それは、現在でもとても必要なことですし、これから先も絶対に忘れてはいけないことだと思います。社会人になって人から教わることは少なくなります。警察学校は自分を成長させるチャンスだと思いました。
熊本県出身
私たちの教場では教官の教えでもある「不撓不屈」の精神を学びました。思うようにいかず、失敗して悩んでも決して挫けて逃げ出さず、目標に向かって一生懸命に努力すれば、自然と良いほうに向かっていくということです。学校卒業後、現場に出て困難にぶつかる度に、教官の教えが私の心の支えになりました。
大阪府出身
書類の書き方、時間の使い方など社会人として当然のことを、あらためて学ぶことができました。基本の大切さがどれだけ大切かを再認識することができ、社会人になるとそのような教養はなかなかないので、とても貴重な時間でした。

警察学校の教官に
伺いました。

皆で励まし合いながら
成長できる場所。

入校すると、全員がこれまでの人生でやったことのないことを学ぶことになります。「自分にはできない」「自分では無理だ」と決めつけずに、まずは、どんなことにもチャレンジしてください。もし、上手くいかなかったら「なぜ上手くいかなかったのだろう?」と考えれば、きっと解決策を導き出せるはず。また、共に頑張れる同期の仲間がいるので、励まし合いながら成長できるのが警察学校の良いところです。皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

警察学校 教官

スタートラインは、
全員一緒です。

法律や術科(武道)など、初めて学ぶものについては、「自分がついていけるのか」「やっていけるのか」と不安になるかもしれません。しかし、それらを専門的に学んだ経験のある人は多くありません。スタートラインは皆一緒です。知らないことを学んで、できないことをできるようにするのが警察学校の役割なのです。やはり身体を動かすことは多くなるので、体力はあって損はしません。入校前に体を動かす習慣と体力をつけておくと、良いと思います。皆さんと共に学べる日を心待ちにしています。

警察学校 助教

入庁前のイメージがそのままだったことは何ですか?

様々な場面で警察は必要とされ、求められています。人の役に立ち、やりがいと責任のある仕事です。

宮城県出身
やはり東京だなと感じています。事件や事故、警備などの取扱い件数が多く、やりがいはとてもあります。自分の能力を試せるチャンスもたくさんあるので、自分の努力次第で成長も絶対できるはず。
長野県出身
イメージ通り、首都・東京の治安や都民の安全・安心を私が守っているという実感ができます。責任のある仕事で、非常にやりがいがあります。仕事に集中するために福利厚生もしっかりしています。
大阪府出身
先輩方が仕事に妥協を許さず、街の人のために責任をもって仕事をやり抜く姿を目の前にして、やはり首都・東京の警察だなと感じています。レベルが高い、それはイメージ通りでした。
沖縄県出身
警視庁の航空隊はヘリコプターが14機もあり、日々の運航は忙しいです。また、災害などの救助活動や警衛・警備などに従事する場合、東京都内だけではなく全国に派遣されるので、活躍できるフィールドは東京にとどまらないというイメージはその通りでした。
千葉県出身
都民・国民が警視庁に大きな期待と信頼を寄せていることを肌で感じており、色んな方から必要とされている警察なんだというのはイメージしていた通りでした。

入庁前のイメージと違い、意外だったことは何ですか?

警察は忙しく休みが無いイメージでしたが、休暇制度や福利厚生がしっかりと整備されており、職員数が多い警視庁だからこそ、交替で休みをしっかり取れることです。

熊本県出身
仕事は忙しいこともあるけれど休みはきちんと取れます。女性であっても育児支援制度がしっかりしていて、子育てをしながらも仕事することが当たり前のようにできることです。
千葉県出身
夏休みがしっかり取れることが予想外でした。夏季特別休暇が5日、年休が取得でき、夏休みは合わせて12日も休めます。すべて有給休暇です。先輩後輩関係なく、係の全員が同じ日数の休みを取得できるように勤務調整してもらえます。
神奈川県出身
わからないことがあっても、先輩や上司に相談すると何でも丁寧に教えてもらえます。困っている人のために皆で何とかしようとする雰囲気は、とても温かい組織だと思いました。
秋田県出身
怖そうな人や堅い人ばかりかと思っていましたが、全然違っていました。誰かのために頑張りたいと思える人はみんな明るい人が多く、人生経験も豊富で面白い方ばかりの楽しい職場です。
埼玉県出身
先輩や上司が自分のことのように親身になって指導してくれ、不安を払拭してくれたことです。現場は忙しいですが、周りのみんながフォローしてくれますので、どんな仕事にも積極的にチャレンジすることができます。
宮城県出身
捜査員として事件を解決するためのに講習制度や民間企業での研修など(最新の犯罪手口に対応するため)が豊富にあり、捜査員としてスキルアップができることです。
神奈川県出身
警察組織の規模の大きさは、予想を遥かに超えていました。また、職種が多岐にわたっており、自分の知らない仕事がたくさんありました。入庁してから目標とする職種に出会うこともあります。それから自分のやりたい職種にチャレンジすることができるのが警視庁組織の奥が深いところの一つだと思います。

東京での暮らしについて不安はありましたか?

単身寮や家族住宅など様々なサポートが充実していました。

沖縄県出身
親元を離れて初めて自立した生活を送らなければならないという不安はありました。しかし、職場の先輩と一緒の寮で生活をする中で、同じ環境の仲間はたくさんいるんだと感じて不安は次第になくなりました。
熊本県出身
電車も走っていない田舎に住んでいたので、人の多さや街のにぎやかさの違う東京で生活に慣れるか不安でした。でも同期や先輩に色々教えてもらいながら生活していくうちに、すぐ払拭されていきました。今では田舎の良さも都会の良さも両方実感しています。
長野県出身
卒業配置すると単身寮に入るのですが、わからないことは先輩に教えてもらえますし、同じ寮に同期もいましたので、不安を感じたことはありませんでした。プライベートなスペースは確保されていますし、寂しいときは近くに仲間もいます。一人暮らしで生活するよりよっぽど楽しいです。
兵庫県出身
全く土地勘のない東京での生活は、不安だらけでしたが、単身寮の先輩方に食事へ連れて行ってもらったり、同じ趣味の先輩や同期と休日一緒に遊んだり、寮生活だから得られる出会いがたくさんありました。不安よりも色んな人に出会えたことの方が楽しかったです。
宮城県出身
警察学校はもちろん、警察署に卒業配置後も寮生活なので、周囲にはいつも仲間がおり、気軽に相談をできる環境だったので不安を感じたことはありません。仕事は楽しいことばかりとは限りませんが、辛いときに話せる仲間にすぐ相談できる環境ってありがたいですよね。

ズバリ、警視庁で働く魅力を教えてください。

とてもたくさんあり、
ひとことでは言い表せません!

長野県出身
人の役に立ちたい、困った人のために頑張りたいと思う志の高い仲間がたくさんいること。
兵庫県出身
テレビや新聞で報道される出来事が自分の仕事と関わっている事も多く、東京でしかできない仕事があると実感できること。
大阪府出身
年齢、前職、学歴に関係なく、自分の努力次第でキャリアアップできること。
熊本県出身
警視庁は扱う事件や事故が多いため、組織が大きく、担当している人員も多くいます。そのため、自分がなりたい仕事に就けるチャンスも多いということ。
沖縄県出身
福利厚生や育児支援制度が充実しており、仕事以外でも家族や自分の時間を大切にすることができ、人生を楽しめること。
宮城県出身
様々な分野のプロフェッショナルが集まっており、警視庁でしか扱えない事件があるなど、全国警察の中でも先駆けてできる仕事があること。
北海道出身
困っている人のために何とかしたいと思う人が多く、警察官・警察行政職員は心が温かく優しい人ばかり。同じ目的に向かう4万6千人ものたくさんの仲間がいるのを心強く感じられること。
  1. 採用サイトTOP
  2. 先輩の声
  3. 警視庁ってどうですか?