警察署・事務高尾警察署 警務係 主事

一を聞いて十を知り
相手の求めることを
理解して行動する。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

人の役に立ち、人を助ける仕事がしたいと思い、様々な職種を調べるうちに都民と身近に接することができる警察行政職員の存在を知りました。警察署運営の根幹に関わる「人」を支えるのが、警務係の仕事です。私が担当しているのは、全職員の勤務管理から健康診断といった衛生管理、通勤や執務中にケガをした職員の公務災害の手続き、諸行事の準備などです。また、警察署の受付に就き電話交換や窓口案内をすることもあり、都民の皆さんの様々な問合せにも対応しています。ほかに同じ警務係では犯罪被害に遭われた方を支援する被害者支援活動、管内における被害状況や交通事故などの統計業務をしています。

02 / 03

担当業務のやりがい

すべての署員と関わるため「一を聞いて、十を知る」ことが重要だと思っています。組織全体の動きから、「結婚や出産で家族が増えた、マイホームを建てた」といったプライベートなことまで、日頃から署員とコミュニケーションを深めながら署員・署内の情報について常に把握することを心掛けています。「すぐに対応してくれてありがとう」と感謝されることが何よりもうれしく、署員の働きやすい環境を支えるやりがいのある仕事だと思います。受付業務では、明るく元気に、そして都民・住民の声に真剣に耳を傾けるなど、相手に合わせた柔軟な対応をしています。警察署の受付は警察全体のイメージにつながる「署の顔」を担っている仕事に誇りを感じています。

03 / 03

仕事をする上で
大切にしていること

署員が、「何か資料を探しているな」と感じたら、先回りして声をかけるなど、相手から直接要求されなくても、必要としていることを理解してすぐに行動に移すよう、常に気遣いと心配りを忘れないようにしています。先日、警察署協議会の開催にあたり、署長から資料作成を依頼されたことがありました。住民の方にわかりやすい資料にしたいと自分なりに創意工夫を重ねた資料を作成したところ、協議会の終了後に署長から「とても良い資料でした。街の人も大変わかりやすいと喜んでいたよ」と労いの言葉をかけていただいたのはとてもうれしかったです。

MESSAGE

これからの目標

管内には高尾山もあり、外国人観光客が署を訪れる機会も増えています。いつでも対応できるよう、日々英語のスキルを磨き、英語の資格取得にも挑戦する予定です。また、現在は警視庁の女子バスケットボール部に所属しており、警察署を越えて交流する女性警察官や警察行政職員も増え、それぞれの仕事を理解するきっかけになっています。これからも「一を聞いて、十を知る」ことでアンテナを高く張りながら、業務に活かしていきたいです。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤 朝会、署の行事や予定の把握、署長・副署長の予定確認
9:00
職員の勤務管理入力、郵送物の仕分け、本部からの事務連絡の確認など
12:00
休憩
13:00
受付業務、電話交換業務
14:00
資料作成
15:00
署内行事の準備
16:00
署行事のための勤務調整・係間連絡
17:15
退庁

PROFILE

高尾警察署 警務係 主事

平成27年(2015年)
入庁 現職
  1. 採用サイトTOP
  2. 先輩の声
  3. 警察署・事務