本部・事務情報管理課 運用第一係 主任

情報管理システムで
東京の安全・安心に貢献する。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

兄が警察官として、強い責任感をもちながら働いている姿に影響を受けて、私も警察の仕事に興味をもつようになりました。警察官同様に様々な部署で業務を経験できるところに魅力を感じ、警察行政職員になることを決意しました。私が所属する情報管理課は、警視庁内で稼働している情報管理システムの開発・運用をはじめ、高性能コンピュータやネットワークの管理、各種照会業務を行います。その中で私は、大型電子計算機を操作して各種統計処理、警視庁職員全員の給与計算処理などを行っています。また、警察署などからの様々な問合せや障害にも24時間体制で対応しています。

02 / 03

担当業務のやりがい

大型電子計算機やサーバーを管理するためには専門的な知識が必要です。担当者としてその専門的な知識を必要とされることはやりがいの一つです。また、情報管理課は、システムや機器の障害が発生した際、24時間体制で対応する頼れる存在でもあります。緊急性の高い様々な警察事象が生起する中、各所属でトラブルが発生した際には、その状況をしっかりと把握し、原因を突き止めて迅速に解決して原状回復したとき、「本当に助かりました。ありがとうございます」と、お礼の言葉をもらうこともあります。無事に問題解決ができ安堵すると同時に、警察活動に貢献できた喜びが得られる瞬間です。

03 / 03

仕事をする上で
大切にしていること

警察行政職員として、都民、そして警察官からも信頼される職員となりたい。そのために何事にも一生懸命に取り組むことを大切にしています。「できないことが格好悪いのではない。やらないことが格好悪いのだ」というのが私の信条です。弱音を吐き、あきらめてしまうことは良くないと思いながら業務に向かっています。また、日々の業務では細かな作業に集中することを大切にしています。例えば、データ入力では、ほんの1文字の間違いが警視庁全体のシステムに影響を及ぼしてしまい、ひいては、都民、国民に迷惑をかけることになるからです。常に集中力を維持し細心の注意を払い続けなければならないことを肝に銘じています。

MESSAGE

これからの目標

情報管理課で得た高度な専門知識を活かし、今後警察署へ配属されることになった際は、現場で起こる様々な障害を私の力で解決して、皆から頼られる存在になることを目指しています。また、現在はチームの一員として業務を任されています。今後は、担当業務を完璧にこなすことはもちろんのこと、後輩の指導育成にも努力を重ねていきたいと考えています。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤 係内のメールチェック、管理官・係長から指示
8:40
データ抽出作業、電算機室内点検
9:00
日勤帯プログラムの運用・監視・確認
11:30
プログラムデータのバックアップ作業
12:00
昼休憩
13:00
前日分の処理データを抽出
13:15
日勤帯プログラムの運用・監視・確認
16:30
プログラムの終了確認作業
17:00
当番へ引き継ぎ
17:15
退庁

PROFILE

情報管理課 運用第一係 主任

平成22年(2010年)
入庁 蒲田警察署 厚生係
平成23年(2011年)
警務係
平成24年(2012年)
情報管理課 運用第三係
平成26年(2014年)
主任に昇職 東京空港警察署 警務係
平成27年(2015年)
会計厚生係
平成29年(2017年)
現職