組織犯罪対策高島平警察署 暴力団対策係 巡査部長

暴力団の資金源を断ち
壊滅へと追い込む。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

高校時代、オートバイに乗った友人が交通事故で重傷を負ったことがありました。このような事故を起こさないために日夜取締りをしている警察官の存在に憧れ、入庁しました。現在所属している高島平警察署の刑事組織犯罪対策課では、暴力団や外国人犯罪組織、銃器薬物の密売グループなど治安に大きな影響をおよぼす組織犯罪の取締りや各種対策を行っています。私の任務は、暴力団情報を収集し、みかじめ料などの不当に獲得した資金を断絶させ、暴力団を弱体化・壊滅させることです。その一方で、暴力団員を組織から離脱させ、社会復帰をさせる活動も行っています。

02 / 03

担当業務のやりがい

暴力団は、縄張内の飲食店に日用品などを不当な値段で売りつけることや、店を営業する見返りとして納めさせる「みかじめ料」などを活動資金にしています。そこで、管内の飲食店を一軒ずつ訪問して暴力団からの不当な要求行為を確認する「暴力団排除ローラー」を実施することで、暴力団の資金獲得活動の根絶を目指しています。また、振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害金も暴力団の資金源になっていることが多いため、特殊詐欺事件の捜査も徹底して行っています。暴力団の活動範囲は全国にまたがるため、ほかの道府県警察と協力して捜査をすることも多く、とてもやりがいがあります。

03 / 03

仕事をする上で
大切にしていること

暴力団の壊滅に向け、暴力団には絶対に負けないという強い気持ちを胸に秘め、仕事に臨んでいます。そして、暴力団による事件が発生したときは直ちに現場に臨場し、徹底した捜査を行います。警視庁は全国に先駆けて組織犯罪対策部を発足させ、特殊詐欺事件などではあらゆる捜査手法を取り入れ、日々巨悪と対峙しており、私は「悪い奴らは絶対に許さない」という強い気持ちをもって、日々捜査にあたっています。

MESSAGE

これからの目標

勤務する警察署管内にある飲食店などから、みかじめ料などを徴収する暴力団の資金獲得活動を根絶させることが目標です。そして、いずれは警視庁本部の銃器・薬物捜査の専門部署やマネー・ローンダリングの不正を暴く部署などで勤務し、日本の犯罪組織を壊滅させたいと思っています。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤 朝会
9:00
捜査報告書の作成
12:00
休憩
13:00
外回り、飲食店の聞き込み捜査
15:00
帰署、捜査会議
17:15
退庁

PROFILE

高島平警察署 暴力団対策係 巡査部長

平成21年(2009年)
入庁
平成22年(2010年)
戸塚警察署 地域第三係
平成24年(2012年)
留置係
平成24年(2012年)
銃器薬物対策係
平成28年(2016年)
高島平警察署へ昇任配置、地域第三係を経て、現職
  1. 採用サイトTOP
  2. 先輩の声
  3. 組織犯罪対策