交通警察駒込警察署 交通総務係 巡査長

安全教育を通じて
被害者も加害者も出さない。

01 / 03

入庁の経緯と現在の仕事

私が警察官を志したきっかけは、幼稚園の頃にイベントでパトカーに乗せてもらう機会があり、白バイを目の前で見て「格好いい!」と思ったことです。それ以来、自分の強みである責任感の強さを活かし、警察官として活躍することを目標に大学では資格取得と公務員試験対策に取り組んできました。現在は交通総務係に所属し、主に住民への交通安全教育を担当しています。交通事故は、誰もが被害者や加害者になるおそれがあります。高齢者や子供には横断禁止場所での注意など歩行者としてのルールを守ってもらうとともに、自動車や自動二輪車などの運転手にも安全運転を呼びかける活動に日々取り組んでいます。

02 / 03

担当業務のやりがい

交通総務係として、交通事故防止の対策を講じることが私の使命です。年2回の全国交通安全運動期間をはじめ、たくさんの住民の方に呼びかける交通安全のキャンペーンを実施していますが、その時に醸成された安全に対する意識が一過性のものにならないよう、日々の安全教育も大事にしています。幼稚園や小学校での交通安全教育を行う際は、単に映像を流すだけではなく、より子供たちの興味を引くようにぬいぐるみを使い交通ルールをわかりやすく伝えるなど表現を工夫します。先輩方の長年の安全教育に対する継続的な取組に加え、自分のアイデアを加えて新しい取組に挑戦できることがこの仕事の魅力です。

03 / 03

仕事をする上で
大切にしていること

住民の方々を前にして交通安全教育を行う私たちの姿は警視庁の顔とも言えます。特に子供たちには、警察に興味や憧れをもってもらうことで交通ルールを理解するきっかけになればうれしいのですが、事故に遭わない方法をしっかりと理解してもらうことは容易ではありません。子供たちの記憶に残るよう、腹話術人形を使って注目を集めたり、質問形式で説明をしたり、飽きさせないことを心掛けています。また、警察署の交通窓口では免許証の住所変更や車庫証明の手続なども担当しており、来署される方々にも普段から交通安全の啓蒙活動を意識した窓口業務を行っています。

MESSAGE

これからの目標

警視庁では、あらゆるフィールドで女性警察官が活躍しています。交通課での仕事のみならず、女性の被疑者の取扱いや女性被害者の対応など、捜査の現場でも女性警察官として必要とされる場面はたくさんあります。何度か応援に行きましたが、その場面で活躍している女性刑事の先輩に憧れて、私自身も将来は捜査員として活躍したいという思いが強くなりました。そのためにも、仕事にしっかり取り組んで、多くの人から頼られる存在になるのが目標です。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤
9:00
交差点における二輪車運転手に対する事故防止キャンペーン
12:00
休憩
13:00
免許証の住所変更、車庫証明受理手続など窓口業務
16:00
車庫証明の届出に基づく保管場所の実査
17:15
退庁

PROFILE

駒込警察署 交通総務係 巡査長

平成27年(2015年)
入庁 駒込警察署 地域第一係
平成28年(2016年)
現職