組織犯罪対策

犯罪組織と対峙し
壊滅へ追い込む。

暴力団、外国人犯罪組織、薬物・銃器の密輸・密売グループなどの犯罪組織は、相互に結びつきを強めながら、拳銃発砲や殺人・強盗などの凶悪犯罪をはじめとする様々な犯罪に関係し、都民の平穏な生活を脅かしています。
こうした組織犯罪に関する情報・対策の一元化を図り、犯罪の種類を問わず横断的、総合的に犯罪組織を取り締まるのが「組織犯罪対策」です。 平成15年4月、組織犯罪対策部が全国に先駆けて警視庁に設置されました。
犯罪組織の実態解明を進め、特に資金源の封圧に重点を置いた取締りを強化して、犯罪組織の弱体化および壊滅を図っています。

MISSION

警察署組織犯罪対策課の仕事

組織犯罪対策

外国人犯罪組織に関する情報収集・分析、実態解明および取締り、外国人による殺人、強盗などの重要犯罪の捜査を担当しています。

暴力団対策

暴力団対策法に基づく暴力団の指定に向けた情報収集・行政命令の執行のほか、総会屋等の取締り、平成23年4月に制定された東京都暴力団排除条例に基づく、地域・職域からの暴力団追放等の暴力団排除対策を担当しています。

暴力犯捜査

暴力団の壊滅を目的とした情報収集、各種犯罪の捜査、犯罪収益の剝奪を担当しています。

銃器薬物対策

覚醒剤、大麻、麻薬などの違法薬物事犯や拳銃などの銃器事犯の取締りを担当しています。
これらの係が本部の各主管課と連携を取りながら捜査・対策を進めています。

組織犯罪対策組織図

  1. 採用サイトTOP
  2. 職種紹介
  3. 警察官 組織犯罪対策