警察行政職員 技術

専門スキルで
警察業務を支え、活躍する。

警視庁には、警察官以外にそれぞれが学んできた専門スキルを活かして活躍する警察行政職員がいます。中でも警察行政職員(技術)は、学生時代に建築、機械、電気、化学、物理などを深く学んできたり、民間企業で培ったスキルで警察活動を支えています。警察官と共に首都・東京の安全、安心をつくりだす大切な役割を担います。

MISSION

警察行政職員(技術)の仕事

通訳

外国語の専門知識を駆使して、外国人が関わる事案に対応します。取調べにおける通訳業務、外国語による電話通訳、捜査関連資料の翻訳業務などに従事します。

土木

測量、土木、道路などに関する専門知識および技術に基づいて、土地の測量、道路構造などに関する計画・調査・積算・施工・指導・審査などの業務を行います。

建築

警察署や交番などの警察施設の新改築・整備において、調査・企画・設計・積算・施工・指導・検査などの業務を行います。

機械

警察施設の給排水設備・エレベーター・防災保安設備などの機械設備に関する調査・企画・設計・積算・施工・指導・検査などを行います。

電気

警察施設の電気設備や通信設備、情報処理、交通管制システムなどに関する企画・設計・積算・施工・検査・保守管理などを行います。

心理

心理に関する科学的知識を用いて、職員採用時の適性判定や職員のメンタルヘルスによる心理判定・カウンセリングを行います。少年に関する相談や安全運転教育にも従事します。

交通技術

道路、交通工学、都市工学などの専門知識・技術に基づき、交通規制や交通管制、交通安全に関する計画・設計・監督・指導などを行います。

鑑識技術

法医

犯罪現場に残された血液などを科学的知識を用いて検査・鑑定し、事件解決に寄与します。鑑定には血液型鑑定やDNA型鑑定などがあります。

化学

化学・薬学・生化学などの専門知識に基づいて麻薬や覚醒剤などの薬物、毒物、工業製品などの分析・検査・鑑定・研究、また、火薬類、爆発物、高圧ガス、その他危険物の取締りに関する業務も手掛けます。

物理

電気・物理・工学などの専門知識・技術を用いて、出火事件などの原因究明・鑑定や脅迫電話などの音声鑑定、パソコンデータなど電磁気記録の解析・鑑定、銃器などの鑑定などを行います。

文書鑑定

情報科学・理工学などの専門知識・技術により、筆跡・印影・印刷・通貨など偽造文書の検査・鑑定を行います。また、心理学や生理学などの専門知識により、ポリグラフによる心理鑑定や知能・性格検査なども手掛けます。

特殊写真

化学、光学などの専門知識・技術に基づいて、事件現場や証拠品の撮影、モンタージュ写真の作成、赤外線・紫外線写真の撮影、画像処理から物や人の大きさを割り出す写真計測などを行います。

航空機械技術

航空機に関する専門知識・技術を用いて、ヘリコプターや搭載備品の点検・整備、離発着時の誘導、運行の可否確認業務などを行います。飛行中の機体不具合に対処する航空機関士業務も担当します。

体育指導

警察官・警察行政職員の体力向上に向け、体育に関する専門知識・技術を用いて、必要なトレーニングの指導実施やプログラムの計画・実施・研究などを行います。

自動車運転免許試験官

運転免許試験場で実施する自動車運転免許試験受験者の実地技能審査判定を担当します。また、都内の自動車練習所などで行う実地技能検定の計画・指導・研究業務なども手掛けます。

臨床検査技師

臨床検査に関する専門知識および技術に基づいて、血液学的検査・病理学的検査・生理学的検査など臨床検査についての一般業務を行います。

保健師

保健・看護などの専門知識を用いて、警察官・警察行政職員に対する病気の予防や療養指導、環境衛生の指導を行うほか、健康管理の計画や労働衛生面の調査業務も行います。

海技

船舶の運航および機関の原理、構造、機能、取扱いなどに関する専門知識および技術に基づいて、警備艇の操縦、機関の簡単な整備、修理などの業務を行います。

電話交換

電話交換取扱いに関する専門知識および技術に基づき、警視庁本部において、警察電話と加入電話間の接続業務などを行います。

  1. 採用サイトTOP
  2. 職種紹介
  3. 警察行政職員 技術