交通警察

安全で快適な
交通社会の実現を目指す。

交通事故を防止し、安全で快適な交通社会をつくることが交通警察の任務です。交通死亡事故はもとより、交通事故そのものを減少させることを目標に、東京の道路交通を様々な角度で守っています。交通警察官は都民の身近な所に立ち、交通指導・取締りを中心に交通ルール・マナーの重要性をドライバーを含め、広く交通参加者に指導するなど、安全教育にも力を注いでいます。

MISSION

警察署交通課の仕事

交通総務

各所で行われる交通安全教育や安全運転管理者講習などを担当し、交通安全意識の普及・浸透を図っています。

交通規制

各種交通規制や、マラソン大会・道路工事等における道路使用許可に関する事務を扱っています。

交通捜査

交通事故・事件の捜査を担当し、迅速かつ的確な捜査活動を展開しています。

交通執行

スピード違反・無免許・飲酒運転などの危険運転者に対する取締りのほか、主要な交差点などで交通整理を行っています。ここには白バイも配備されています。

MISSION

交通機動隊の仕事

交通機動隊

東京都内を10の地域(方面)に分け、各地域の交通機動隊と高速道路交通警察隊が、白バイとパトカーによる交通取締り、安全指導を行っています。危険な運転をするドライバーの取締りなどに機動力を発揮し、署の交通課と連携して都内の安全を支えています。

交通警察組織図

  1. 採用サイトTOP
  2. 職種紹介
  3. 警察官 交通警察