トップ / 警視庁の紹介 / グラフ警視庁 警備


都民と首都の安全を守る万全な警備


米国大統領来日警備米国大統領来日警備


→ 動画:「警視庁警備部のスペシャリストたち」へはこちらから

→ 機動隊ページへはこちらから

重要施設(政府関係機関や各国大使館等)の警備、また初詣や花火大会をはじめ、多くの人が集まる各種イベント等における整理誘導や危険予防措置のほか、爆発物・不審物の発見、処理等、各種警備活動を担っているのが、警視庁機動隊です。

機動隊はこのほか、災害警備対策や犯罪抑止対策等にも幅広く出動しています。

また、警視庁では、24時間開港となっている東京国際空港国際線ターミナルの再拡張に伴い、拡大される国際便発着数に併せて「東京国際空港テロ対処部隊」を発足させ、空港や航空機を狙ったテロ事案等の防止に努めています。また、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会」開催に向けたテロ対策強化のため、関係機関や地域住民の方々と一体となった各種取組を行っています。



警衛・警護

天皇陛下、皇族に対する「警衛警備」では、皇室と国民との親和に配慮しつつ、御身辺の安全確保と歓送迎者の混雑等による事故防止に努めています。  

国内外要人に対する「警護警備」では、テロ等の違法事案を防止し、要人の身辺の安全確保に当たっています。警護員はSP(Security Police)という呼称で国内外において広く知られています。





爆発物処理訓練
爆発物処理訓練
警衛警備
警衛警備

警備犬を伴った検索活動警備犬を伴った検索活動

初詣・花火警備
初詣・花火警備


東京国際空港における警戒活動東京国際空港における警戒活動
東京マラソン開催に伴う警備東京マラソン開催に伴う警備


官民連携のパートナーシップ

官民一体となった恒常的な取組として、警視庁と関係行政機関、民間事業者等から構成される「テロ対策東京パートナーシップ推進会議」において、テロ対策をはじめ、大都市特有の課題に対する各種取組等、危機管理体制の整備に努めています。

また、各警察署では「地域版パートナーシップ」を基盤に、「テロを許さない街づくり」や「災害に強い街づくり」をキャッチフレーズに、地域の特性に応じた訓練、研修会、広報啓発活動等の取組を推進しています。

パートナーシップ活動パートナーシップ活動


→ テロ対策東京パートナーシップ

▲このページのトップへ


【問合せ先】
警視庁 広報課
TEL 03-3581-4321(警視庁代表)