警察署に届けられた手紙(平成28年12月)

更新日:2016年12月21日

警察署の会計係員として勤務するN主事は、拾得物として届けられた弁当箱用の小さなバッグを取扱い、同バッグの在中品を確認したところ、食べ終えた状態のままの弁当箱を発見しました。
N主事は、「この状態で、弁当箱をお返ししても、持ち主は困るだろう。」との思いから、弁当箱をよく洗った上で、保管することにしました。
それから数日後、このバッグの持ち主が届け出たと思われる遺失物届出書との照合を行い、連絡の上、バッグを返還し、取扱いを終えました。
後日、このN主事の取扱いに対し、警察署宛てに手紙が届けられました。

ピーポくんイラスト

感謝の言葉

この度は、私の不注意で保管等お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。さらに、洗浄のお手間をお掛けしてしまい、大変恐縮しています。厚く御礼申し上げます。
弁当箱は、もう無いだろうと諦め半分で交番にお尋ねしたところ、警察署で一時保管されていると言う事で安堵いたしました。また、日常業務のお忙しい中、大変丁寧に洗浄までして頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。
これから業務もお忙しくなる季節になるかと思いますが、皆様には、お身体を大切にされてお過ごしください。

情報発信元

警視庁 広報課 広聴係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)