「特定異性接客営業等の規制に関する条例」の制定

更新日:2017年7月1日

近年、繁華街を中心に、主として女子高校生をして、マッサージ等を行わせたり、会話やゲームの相手をさせたりするなどのサービスを提供する、いわゆる「JKビジネス」が出現し、一部の店舗では、裏オプションと呼ばれる性的サービスが行われていることが確認されるなど、福祉犯罪の温床となっており、青少年の健全育成に影響を及ぼしています。
そこで、いわゆる「JKビジネス」等について公安委員会への届出義務や営業者の禁止行為等を定めるなど必要な規制を行い、青少年の健全な育成を阻害する行為及び青少年を被害者とする犯罪を防止することを目的として、平成29年第一回東京都議会定例会において、「特定異性接客営業等の規制に関する条例」が可決され、平成29年3月31日に公布されました。
本条例は、平成29年7月1日から施行されます。

関連リンク

情報発信元

警視庁 少年育成課 少年環境第二係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)