その他

更新日:2016年3月31日

質問

遺失物や被害届の届出証明は発行してもらえるのですか。

 原則として届出を受理した警察署に申し出てください。ただし、証明を必要とする理由や用途によっては、証明できないものもあります。
 また、盗難の場合は、発生地を管轄する警察署や事件を取り扱う警察署に被害届が送られていることもあるため、事前に届出をした警察署に確認してください。

届出証明が発行できるもの(例)

  • 在留カードの盗難、遺失を理由に入国管理官署に再交付申請をする場合
  • 外国人が旅券等の盗難、遺失を理由に外国大使館又は領事館等に再交付申請をする場合
  • 外国人が再入国許可書の盗難、遺失を理由に入国管理局に再交付申請をする場合
  • 日本人が旅券の盗難、遺失を理由に外務大臣又は都道府県知事に紛失の届出をする場合
  • 盗難、横領又は災害(犯罪に起因するもの)を理由に税務署に雑損控除の申告をする場合
  • 有価証券の盗難、遺失を理由に簡易裁判所に公示催告の申立てをする場合
  • 手形又は小切手の盗難、遺失等を理由に手形交換所に異議申立提供金免除請求等の手続をする場合
  • 盗難、遺失等を理由に住民基本台帳カードを区市町村長に再交付申請等をする場合
  • 盗難、遺失等を理由に外国政府等に外国法令に係る永住許可証、自動車運転免許証、身分証明書等の再交付申請等をする場合
  • 盗難、遺失等を理由に外国の保険会社に保険を請求する場合
    (注記)「遺失等を理由に」とは、日本国内で遺失した場合に限ります。

海外旅行先で盗難被害にあって保険会社に盗難被害の届出証明を提出したいのですが、被害届は出すことができますか。

 盗難の被害届を出すことができる場合と出せない場合があります。
 詳しくは、最寄りの警察署等に直接お問合せください。また、カードを不正に使用された場合、その名義人に支払い義務があるかどうかについては、カード会社の約款によるところとなります。

情報発信元

警視庁 広報課 情報発信基地

電話:03-3581-4321(警視庁代表)