交通事故に絡む保険金詐欺

更新日:2017年8月30日

保険金詐欺とは?

交通事故を偽装したり、実際に発生した交通事故を利用し、被害の程度等を偽って保険金を騙し取ることを言います。
最近では、実際に交通事故で怪我をして、整骨院に通院した際、院長から「通院日数を水増しすれば、保険金が多く貰えますよ」などと話を持ちかけられて同意し、保険金を不正に請求した結果、院長と患者の双方が詐欺罪で逮捕される事件が発生しています。

犯罪に巻き込まれないために

通院日数の水増しは、詐欺です!

交通事故を偽装して保険金を騙し取る行為のほか、通院日数を水増しして保険金を不正に請求する行為は、詐欺罪に当たります。
実際に交通事故で怪我をし、通院先の医師等から、「通院日数を水増ししませんか?」などと話を持ちかけられた時は、毅然と断りましょう。

医者「通院日数を水増ししましょうか?保険料が多く貰えますよ!私も儲かりますので」患者「本当ですか?是非お願いします」と、このように答えてはいけません

情報発信元

警視庁 交通捜査課

電話:03-3581-4321(警視庁代表)