危険予測トレーニング

 交通事故には、必ず何らかの原因があります。

 それは、事故の当事者となった運転者や歩行者に原因があったり、当事者ではなく、他の運転者や歩行者などが原因となったりと様々です。

 そして、これらの事故は、その場の交通状況を十分観察し、具体的な危険性を予測できていれば防ぐことができたかもしれません。

 この危険予測トレーニングは、「歩行者編」、「自転車編」、「ドライバー編」と、それぞれの主な事故事例に基づき、交通状況に応じた正しい観察と危険予測能力を高め、危険を回避して、交通事故を防止しようとするものです。

 まずは、それぞれの画面を見て自分なりに危険と思われることを考えてください。
 答えは、例示であり、これ以外にも危険と思われることはたくさんあります。

 早速チャレンジしてみてください。

歩行者編

自転車編

ドライバー編