パーキング・チケット

更新日:2017年6月2日

パーキング・チケット発給機

パーキング・チケット発給機

正しい利用方法

1正しい位置に駐車してください

駐車枠内に収まるように、正しく停めてください。

駐車枠内にきちんと入れてください。

2最初にチケットの発給を受けてください

100円硬貨、500円硬貨、千円札が利用できます。
領収書はチケットと一体になっています。
領収書は、大切に保管してください。

発給機は、案内板の下に設置されています。

ナンバー入力部の図解
ナンバー入力部

3チケットを掲示してください

車内の前面ガラスなど、見やすい箇所に、内側から掲示してください。
掲示しないと駐車違反となります。

内側から見やすいところに貼ってください。

4駐車時間を守ってください

チケットの発給を受けて掲示していても、チケットに記載された「終了時刻」を過ぎて駐車していると駐車違反となります。
複数のチケットの発給を受けて掲示していても、有効なチケットは最初に購入したチケットに記載された「終了時刻」までです。

有効なのは最初の1枚だけです。

パーキング・チケット発給機

パーキング・チケット発給機

1

利用方法等が書かれています。

2

現在時刻が表示されています。

3

休止中/発行中の別が表示されています。
休止中の場合はほかの発給機を利用してください。

4

使用できる金種が点灯表示されています。

5

投入された金額が表示されています。

6

硬貨を投入するところです。

7

紙幣の投入口です。千円札が使用できます。

8

チケットが出てくるところです。
領収書はチケットと一体になっています。

9

操作を取り消す場合に押すと返却口へ硬貨が返却されます。

10

つり銭または、操作を取り消したときの硬貨が返却されるところです。

11

設備番号です。番号は「警察署名」と「数字」で一組となっています。
(一部、付加情報も記載されていることがあります)

12

ナンバー(数字のみ)を入力するところです。

領収書

領収書のイメージ

不具合等で連絡の際、設備番号をお知らせください

交通規制を確認しましょう

時間制限駐車区間標識の図説

利用時間等は、規制標識に示されております。

  • パーキング・メーターやパーキングチケットは、「時間制限駐車区間」という交通規制です。場所によって規制の内容は異なります。
  • 利用の際には、規制標識などによって規制内容を必ず確認しましょう。
  • 土曜日は平日ですが、「国民の祝日に関する法律」に規程する休日となることがありますので、使用する際は法令や交通規制を必ず確認して下さい。

平成29年中は、

  • 2月11日 土曜(建国記念の日)
  • 4月29日 土曜(昭和の日)
  • 9月23日 土曜(秋分の日)
  • 12月23日 土曜(天皇誕生日)の土曜が休日となります。

駐車の方法

駐車方法の図説

情報発信元

警視庁 駐車対策課 駐車対策第二係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)