反射材の活用について

更新日:2017年4月6日

反射材の活用を!!

日が暮れると、黒っぽい色の服装では周囲の色と同化してしまい、車の運転者から発見されにくくなりますので、外出するときは白や黄色などの明るい色の服装をしましょう。

反射材は、車の運転者からは光って見えるので大変目立ちます。反射材を身に付けて自分の存在を知らせることは、夕暮れ時から夜間における交通事故防止に効果的です。

夜間は「明るい服装」に「反射材」を身に付けましょう!

いろいろな反射材があり、写真は一例です。

靴用反射材シール

靴のかかと等に貼るシールタイプの反射材

靴用反射材シール

自転車の車体用反射材

自転車のフレームに巻き付くタイプの側面反射材

自転車の車体用反射材

反射材付き防犯笛

普段は反射材のキーホルダーとして使用、緊急時には笛で合図し、反射光で確認できます

反射材付き防犯笛

静電気防止用反射材ブレスレット

静電気除去繊維と高輝度反射材を合体させたブレスレットで伸縮性のある反射材

静電気防止用反射材ブレスレット

反射材付きネームタグ

バック等に取付け、油性ペンで裏に名前が書けます

反射材付きネームタグ

自転車用反射材付き車幅灯

自転車のハンドルグリップに付ける車幅灯

自転車用反射材付き車幅灯

巻き付き式反射材(タックルバンド)

腕やバック等に巻き付けるタイプの反射材

巻き付き式反射材(タックルバンド)

情報発信元

警視庁 交通総務課 交通安全対策第一係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)