ヘルメットのあごひも結束及びプロテクターの着用状況の調査結果

更新日:2017年12月8日

調査日時、方法

平成29年7月から9月中に各警察署で実施の聞き取り調査によります。

ヘルメットのあごひもの着用状況等について(調査人数:7,129人)

ヘルメットの形状別着用者の割合


ヘルメット形状別着用者の割合


前回調査(平成28年)

ジェット型36.0パーセント、フルフェイス33.4パーセント、半キャップ30.0パーセントの順に多くなっています。

あごひもの結束状況


あごひもの結束状況


前回調査(平成28年)

適正な結束は68.9パーセント。ゆるく結束、結束なしなど不適正は31.1パーセントでした。
半キャップでは、約半数が不適正でした。

形状ごとの適正な着用の割合

フルフェイス 80.1パーセント

ジェット型 73.2パーセント

半キャップ 50.7パーセント 半キャップでは、約半数が不適正でした。


脱落者のヘルメット形状(二輪車死亡事故)

過去3年では半キャップ着装者のヘルメット脱落が58.6パーセントと、割合が非常に高くなっています。露出の多いヘルメットほど、脱落割合が高い傾向が見られます。

プロテクターの着用状況(調査人数:6,708人)

胸部プロテクター着用率

胸部プロテクター着用率7.1パーセント

年別プロテクター着用率

着用プロテクター種類別

ハードタイプ 40.3パーセント
ウェア内蔵式 56.0パーセント
エアバッグ式 3.8パーセント

プロテクターを着用しない理由

プロテクターを着用しない理由

「着用するのが面倒」が調査開始から最も多く、比率も上昇しています。プロテクターの認知度は上昇傾向にあるので、「プロテクターは知っているが、着用するのが面倒」 と考えるライダーが増加していると考えられます。

二輪車死者損傷主部位(構成率)

損傷主部位 24年 25年 26年 27年 28年 29年10月 過去5年計
全損 0.0 2.5 2.2 5.3 5.0 0.0 2.9
頭部 40.9 50.0 40.0 47.4 50.0 57.1 45.4
顔部 0.0 2.5 2.2 0.0 0.0 2.9 1.0
頸部 9.1 10.0 8.9 7.9 7.5 2.9 8.7
胸部 36.4 30.0 26.7 23.7 25.0 22.9 28.5
腹部 6.8 2.5 11.1 7.9 7.5 8.6 7.2
背部 0.0 0.0 0.0 2.6 0.0 0.0 0.5
腰部 2.3 2.5 6.7 2.6 5.0 5.7 3.9
腕部 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
脚部 4.5 0.0 0.0 2.6 0.0 0.0 1.4
その他 0.0 0.0 2.2 0.0 0.0 0.0 0.5

単位はパーセント

過去5年間では頭部が45.4パーセント、胸・腹部が35.7パーセントであり、頭部、胸・腹部の損傷主部位の割合が併せて81.1パーセントでした。

あなたの装備は大丈夫?

運転は あごひもしめて 気もしめて

今回の調査ではヘルメットのあごひもの結束がゆるい、結束がないなどの不適正な人の割合が31.1パーセントもありました。
せっかくヘルメットをかぶっていても、適正に着装していなかったために、事故の際にヘルメットが脱落して頭に致命傷を負うケースが多くあります。
ヘルメットのあごひもは指が一本入るくらいに締めるのが適正です。バイクに乗る際にはあごひもをしっかりしめて、気もしめて運転しましょう。
ライダーにとってヘルメットのあごひもは、正に命綱なのです。

あごひもをつけましょう

安心を つけて走ろう プロテクター

四輪車は、事故の際に車体やシートベルトで身体が守られることもありますが、二輪車の場合は無防備な胸・腹部へのダメージが大きくなり、致命傷となることが多くあります。
警視庁では二輪車の交通事故防止を重点の一つとしています。交通事故を起こさない、交通事故にあわないための運転を指導するとともに、事故の際の被害を軽減するために有効な胸部プロテクターの着用を推進しています。
皆さんの周りに胸部プロテクターを着用していないライダー仲間がいたら、是非着用をすすめて下さい。

プロテクターを着用しましょう

情報発信元

警視庁 交通総務課 交通安全対策第一係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)