反則告知を受けた方へ

更新日:2016年5月25日

運転者責任(違反者)と使用者責任(所有者など)は違います。

反則告知(反則切符)を受けた方へ

交通反則告知書(反則切符)を交付された場合は、反則金を納めるようにしてください。

反則金を期限内に納入しないと後日、違反者に「交通反則通告書」と「納付書」(反則金と送付費用)が送付(放置違反金の納入の有無は問わない)されますので、記載されている期限内に必ず納めてください。

車両の所有者など

一方、反則金を納めないと、使用者には「納付書兼納入済通知書」(放置違反金)と「弁明通知書」が送付されますが、「交通反則通告書」によって反則金を納入した場合には、放置違反金は納入する必要がありません。

反則告知を受けた場合の流れ

(注記1)納入することで違反者に付与された行政処分点数の取消しはありません。
(注記2)反則金と放置違反金の両方を納入した場合には、放置違反金は後日返還されます。

情報発信元

警視庁 駐車対策課 放置駐車対策センター企画運用係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)