地震が発生したときは

更新日:2017年2月20日

緊急地震速報・津波警報(気象庁)とは


緊急地震速報の画面(提供 NHK)

最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)の地域の名前を、強い揺れが来る前にお知らせするものです。

緊急地震速報を見聞きしたら、周囲の状況に応じて、あわてずに身の安全を確保しましょう。震源に近い地域では、緊急地震速報が強い揺れに間に合わないことがあります。


津波警報の画面(提供 NHK)

気象庁は、マグニチュード8を越えるような巨大地震が発生した場合に、最初の津波警報を「巨大」「高い」という言葉で発表して、東日本大震災クラスの非常事態であることを伝えます。
大津波警報や津波警報が発表された場合は、ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難しましょう。

海岸や河口では

海に近い場所にいる時に強い揺れを感じたら津波警報がでる前でもすぐに高台など安全な場所に避難しましょう

警報や注意報が解除されるまで海岸や川に近づかないようにしましょう 津波は繰り返し押し寄せます。ラジオ・テレビなどで正しい情報を入手しましょう

自宅や街中での行動のしかた

何より身の安全を確保

倒れやすいものから離れ、カバンや買い物カゴ等で頭を守りましょう

あわてない 落ち着いて行動しましょう 非常口や階段にかけよらないようにしましょう

指示にしたがう 電車の乗務員や店の従業員等の指示に従いましょう

身の安全を確保する

自宅ではテーブルや机の下、映画館・ホール等では、カバン等で頭を保護したり、座席の間に身を隠したりしましょう。

火の元を確認する

揺れがおさまってから火の元を確認しましょう。

煙を吸わないようにする

煙が発生した場合は、ハンカチ等で口、鼻を押さえ、体勢を低くして移動しましょう。

出口を確保する

建物が傾いてドアが開かなくなることがあります。ドアを開けて出口を確保しましょう。

エレベーターは使用しない

乗っている時は全ての階のボタンを押して、停止した階ですぐ降りましょう。

電線、ガス漏れ等に注意する

垂れ下がっている電線、ガス漏れしている場所には絶対に近づかないようにしましょう。

情報発信元

警視庁 災害対策課 地域防災係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)