大震災(震度6弱以上)が発生した場合、次の交通規制が実施されます。

人命救助、消火活動等に従事する緊急自動車等を円滑に通すための交通規制です。

  • 環状7号線内側方向へ流入する車両の通行は禁止となります。
  • 環状8号線では都心方向へ流入する車両の通行は抑制されます。
  • 次の7路線が「緊急自動車専用路」となり、緊急自動車等以外の車両の通行が禁止されます。

国道4号(日光街道ほか)、国道17号(中山道・白山通りほか)、国道20号(甲州街道ほか)、国道246号(青山通り・玉川通り)、目白通り、外堀通り、高速自動車国道・首都高速道路等
高速道と首都高等を併せて1路線とし、合計7路線となります。

復旧復興のための災害応急対策を円滑に行うための交通規制です。

  • 第一次交通規制の緊急自動車専用路がこの段階で、緊急交通路となります。
  • さらに、次の代表的な路線(31路線)のうち必要な路線が、「緊急交通路」に指定されます。

第一京浜、第二京浜、中原街道、目黒通り、青梅・新青梅街道、川越街道、北本通り、水戸街道、蔵前橋通り、京葉道路、井の頭通り、三鷹通り、東八道路、小金井街道、志木街道、府中街道、芋窪街道、五日市街道、中央南北線、八王子武蔵村山線、三ツ木八王子線、新奥多摩街道、小作北通り、吉野街道、滝山街道、川崎街道、多摩ニュータウン通り、鎌倉街道、町田街道、大和バイパス

大震災(震度6弱以上)発生時における交通規制

大震災(震度6弱以上)が発生したら 警視庁からのお願い

PDFファイルから印刷して車内に常備しましょう!