還付金詐欺に注意!

更新日:2016年8月16日

社会保険事務所の職員などを装って医療費を還付しますと騙し、お金を振り込ませる詐欺事件が増えています。

詐欺電話の様子のイラスト

手口の流れ

犯人らは、社会保険事務所の職員や、自治体職員、税務署員を装って電話をかけ、

  • 医療費
  • 保険料
  • 税金

が還付されます等、払いすぎたお金が返還されるかのように偽ります。

下矢印

現金自動受け払い機(ATM)のある場所に行ってそこから電話をするように誘導します。

下矢印

被害者がATMのある場所に行ってそこから電話をすると

下矢印

「私の指示通りにATMを操作してください」
等と言葉巧みにATMを操作させます。
お金が還付されるものと思いながら操作しても、実際は本人が気がつかないうちに、他人(犯人)の口座にお金を振り込んでいます。

対策は

  • 還付金をATMで返還することは絶対にありません。
  • 「携帯電話」を持って「ATM」へと言われたら還付金詐欺です。
  • 相手の言った電話番号を鵜呑みにせず、電話帳などで自分で電話番号を確認して関係機関に問合せましょう。

だまされないで!

情報発信元

警視庁 生活安全総務課 生活安全対策第三係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)