児童虐待

更新日:2017年9月8日

児童虐待

児童虐待は、本来、保護してくれるはずの保護者から児童が虐待を受け、心身両面にわたって深刻な傷を負ってしまう重大な問題です。
警視庁では、関係機関と連携を図りつつ、児童虐待の早期発見と被害児童の早期保護に努めています。

たかが夫婦げんかと思っていませんか?

子供のいる家庭での配偶者に対する暴力(DV)等は、子供への心理的虐待にあたります。
夫婦げんかであっても、子供に心理的外傷を与える可能性があります。

ぼく(わたし)のせいでけんかしているのかなぁ。仲直りしてほしいなぁ。

子供はこんなことも感じています

  • 不安や心配が大きくなる
  • おびえる
  • 親を怖がる
  • 自分は悪い子だ
  • 自信がなくなる
  • 自己肯定感(自分は大切な存在)が低くなる

子供にこんなことが起こります

  • 親から離れない
  • 口げんかで敏感に反応する
  • 頭痛、腹痛、吐き気、発熱
  • 寝つきが悪くなる
  • 夜泣き
  • 萎縮する
  • ぼーっとする
  • 落ち着かない集中できない

子供の成長や発達に悪い影響を与えます

  • 親や兄弟姉妹にも暴力をふるう
  • 友達とうまく遊べない
  • ケンカが多くなる
  • 学校や保育園に行きたがらない
  • 自分なんて必要がないと思う
  • だんだんと良好な人間関係がもてなくなる社会参加がしにくくなる

子供のSOSを見逃さないで!

  • 子供に不自然なケガやアザがある。
  • 子供の身体や衣服が汚れている(不衛生)、季節にそぐわない服装をしている。
  • 隣近所で昼夜を問わず保護者の怒鳴り声や子供の泣き声が聞こえる。
  • 保護者が小さな子供だけを残して、長時間外出している。

などに気がついたらお近くの交番、警察署に情報をお寄せ下さい。

緊急の場合は110番通報をお願いします。

近隣・知人の方々が児童虐待へ関心を持つことが大変重要です。
児童虐待の早期発見、防止にご協力をお願いします。

「ヤング・テレホン・コーナー」 電話:03-3580-4970
「少年育成課少年センター」 でも電話等による相談等を受け付けています。
(秘密は守られますので、安心して電話して下さい。)

情報発信元

警視庁 少年育成課 保護対策係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)