このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

通信販売サイトでのトラブルにご用心!

更新日:2016年9月30日

実在する通信販売サイトを模倣したり、連絡先等を偽った通信販売サイトで商品を注文し、注文したものと異なる模倣品が届いたり、商品が届かず返金もされないというトラブルが多発しています。トラブルを避けるには、悪質な通信販売サイトかどうかを利用者が判断することが必要です。

通信販売サイト利用前のチェックポイント

  1. 連絡先に電話番号は掲載されていますか。フリーメールアドレスが掲載されていませんか。
  2. 振込先口座は店の名義ですか。
  3. 価格が極端に安くないですか。
  4. 不自然な日本語表記ではありませんか。

ただし、これらに該当するサイトすべてが偽サイトであるわけではありません。また、該当しないサイトすべてが安心なサイトとも限りません。購入の際には十分な注意が必要です。

運営者情報

  • 通信販売サイトを運営する場合、特定商取引法に基づく表記として、事業者の責任者名、所在地、電話番号等の記載が義務付けられています。
  • 通信販売サイト事業者の所在地や電話番号が掲載されていない、連絡先にフリーメールアドレスを掲載されているサイト等を利用して、取り引きの途中で連絡が取れなくなり商品の受け取りも、返金を求めることもできなくなる場合があります。
  • インターネットで情報を収集したり、電話連絡が取れるかを確認し、正規サイトか疑わしい場合は利用を控えてください。

決済方法

  • 振り込んだ代金を回収することは、非常に困難です。銀行振り込みによる前払い決済だけでなく、クレジットカード支払いや代金引換等の後払い決済方法も用意されているかを確認しましょう。
  • 銀行振り込み決済の際には、通信販売サイトの事業者名や責任者名と口座名義人が異なる場合や、外国人名義の口座の場合は、十分に注意してください。
  • クレジットカード決済等を希望しても、システムの不具合等を理由に、結果銀行振り込みに誘導されることもあります!

価格が極端に安い

  • 極端に安い価格での販売や、「80パーセントoff」等の極端な値引きがされている場合は注意が必要です。

不自然な日本語表記

  • 「休業日:365天受付」等の不自然な日本語や、中国語の簡体語等の漢字のフォントを使用している場合もあります。
  • 無関係の通信販売サイトのロゴやサイト名等を無断で掲載している場合があるので、URLと見比べて正規ショッピングサイトかを確認しましょう。

商品が送られてこない、偽ブランド品が送付されたなどの場合には

  • 取引時の画面、相手とやり取りしたメールの内容、相手の口座番号、振込記録等、取引相手に関する資料を手元に用意し、居住地を管轄している地元警察署に相談してください。
  • 口座振込やクレジットカード払いをした場合には、振込先の金融機関やクレジットカード会社に被害の連絡をしてください。
  • 悪質な通信販売サイトでメールアドレス・パスワードを登録した場合で、他のサイトでも同様のパスワード等を利用している場合は、その証設定を変更してください。

サイバー犯罪に係る電話相談窓口

電話相談 電話:03-3431-8109

平日午前8時30分から午後5時15分まで

情報発信元

警視庁 サイバーセキュリティ対策本部 対策担当
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る